1. 暮らし
    2. 道具不要!チューブを極限まで絞りつくす方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    道具不要!チューブを極限まで絞りつくす方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    歯磨き粉や練りわさびなどのチューブ製品は、使い終わりになるとなかなか中身が出てこなくてイラっとしませんか?残り少なくなったら、切ったり振ったり大変。

    同じ悩みを抱えている人は多いとみえて、「チューブ絞り」というチューブの絞りつくし道具まで売っています。でも、あふれるチューブ製品のすべてにチューブ絞りを使うのは面倒ですよね。

    そこで、道具を使わずにチューブを極限まで使い尽くすワザをご紹介します。上の写真のように板状になるまで絞れます。これでチューブ入りの高価なコスメも無駄になりません!

    用意するもの

    • 壁 または テーブルの角

    絞りつくす方法

    STEP1

    終わりかけのチューブの両端をしっかり持ちます。キャップは閉めておいてくださいね。

    STEP2

    チューブの底側を壁やテーブルの角に当て、角に押し付けながら横に移動させます。壁の角が当たる場所を、チューブの底から上のほうにスライドしていきます。

    壁の角の部分でチューブの中身を押しています。チューブが角にぴったり沿うように意識しながら力をかけてくださいね。

    STEP3

    だんだん中身が上側に移っていきます。これ以上動かないところまで行ったら完了。

    STEP4

    チューブがこんなにペラペラに!そして、こんなに中身が残っていました。

    まだ残っていると思ったら、もう一度繰り返してください。

    使い終わりだけでなく、チューブの中身が残り少なくなってきたときにやると、しぼり出すのがとても簡単になります!
    チューブ以外でも、プラスチックのパウチに入ったものも同様にして絞りつくせます!レトルトカレーやお弁当用のケチャップ・マヨネーズなどで試してみてくださいね。

    おわりに

    この方法は、アルミやプラスチック製で底が直線状のチューブにむいています。ケチャップやマヨネーズなど、底が丸いチューブには以下の方法がおススメです!

    最後まで使いきることでゴミが減ってエコ。お財布にもちょっとだけやさしいですよ。ぜひお試しください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人