\ フォローしてね /

米粒1つも残さない!牛丼を豪快&きれいに食べる方法

豪快にガツガツ食べるのが気持ちのいい牛丼ですが、どうせなら米粒を残さずにきれいに食べ終えたいですよね。そんな牛丼をきれいに平らげることができる方法を教えます。

ポイントは3つ

1:かき混ぜない

牛丼とご飯をかき混ぜず、上に牛丼下にご飯という位置関係を崩すことなく食べ進めましょう。

2:ドンブリ掃除用に大きめの肉片を残しておく

食べ後がきたなくなる原因は、取り損なった細かな肉片、玉ねぎ片、そして米粒です。これらさえ残らなければ、きれいに食べることが可能になります。なので、細かな食べ残しを掃除するために、あらかじめ牛丼の肉片を残しておきましょう。

3:細かな肉片や米粒を大きめな肉片できれいに掃除する

最後に残った米粒、肉片、生卵の汁などは、残しておいた大きめな肉片できれいに拭います。

豪快な牛丼だからこそ繊細に美しく食べたい

豪快に早く食べ終わるだけでなく、食べ終わった器がきれいだと周囲からの印象も変わるかもしれません!

親子丼やうな丼などでも応用できますので、是非試してみてください。

(image by 足成)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。