1. コミュニケーション
    2. 起源はヒップホップ「DISる」(ディスる)の意味と使い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    起源はヒップホップ「DISる」(ディスる)の意味と使い方

    「DISる」(ディスる)という言葉を聞いたことがありますか?

    ネットの世界で流行り出した言葉が、そのまま流行語になっていくことも多い昨今ですが、この「DISる」もそんな言葉のひとつです。

    「DISる」の意味と使い方を覚えて、さっそく使ってみるためのレシピです。是非参考になさってみてください。

    「DISる」の意味

    DISるという言葉は、「軽蔑する・馬鹿にする」というような意味で使われています。

    「respect」(尊敬)という言葉に、否定を意味する接頭辞「dis」をつけた、「disrespect」から発生した言葉です。

    「DISる」の起源

    ネット語のように使われている「DISる」ですが、もとはと言えばヒップホッパー達が使っていたスラングです。

    他のアーティストの音楽性などを批判する内容の歌を「DISった」「DISり」などのように使います。DISられたことに対して答える歌を「アンサーソング」と呼びます。

    日本では、練馬のラッパー集団「練マザファッカー」がこの言葉を流行らせるきっかけを作ったとも言われています。

    そこから転用して、ネットスラングのように気軽に使われるようになってきました。

    「DISる」の使い方

    意味・起源がわかったところで、それではそろそろ実際に使ってみましょう。

    その1:ネットの掲示板で意見を書き込んだら叩かれた

    「私のことDISった?」

    その2:通りすがりの人がこっちを見て笑った

    「なんか今DISられたみたいなんだけど」

    その3:映画の内容を批判している人に対して

    「何DISっちゃってんの~?」

    その4:友達と口げんかになった時

    「あんまりDISらないでよ!」

    その5:友達と喧嘩して落ち込む友人に

    「DISられたらDISり返しだよ」

    おわりに

    言葉は生き物です。特に流行語になると、元の意味とは少しずつ離れて、その言葉でしか表現出来ないニュアンスが出来てきたりもします。

    「DISる」もかなり市民権を得て来ている今、軽蔑する、馬鹿にするという元の意味とは少し離れて、もうちょっと軽めの意味になってきているように感じます。

    ネットのみならず、日常的に気軽に使ってみてはいかがでしょうか?

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人