1. 暮らし
    2. スーパーのネギが2倍に増える?ネギのお手軽栽培法

    スーパーのネギが2倍に増える?ネギのお手軽栽培法

    スーパーでは、万能ネギや下仁田ネギなど様々なネギが売っていますが、これらを自宅で栽培するやり方があるのをご存じでしょうか?根っこの部分だけを切り取り、水を入れたコップにさしたり、プランターに土を入れて植えたりするだけで、立派なネギを育てることができるのです。ここでは、自宅で簡単にネギを育てる方法を紹介しています。種を撒くよりも早く収穫できるで、家庭菜園ビギナーはネギ栽培から始めてみてはいかがでしょうか?
    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapinanapinanapinanapi

    買ってきたネギの根を水にさして置くと、ぐんぐん伸びて立派なネギが育ちます!1束数百円のネギが何倍にも増えてくれますよ。

    こうして育てておけば、冷蔵庫でしなしなになったネギを見かけることもありません。新鮮な自家製ネギを食卓にいかがですか?

    ここでは、ネギの簡単な育て方についてご紹介します。

    用意するもの

    • 小さめのコップ(水栽培の場合)
    • 市販のネギ

    ネギの水栽培のやり方

    STEP1:根元の部分を切る

    ネギの根元を3センチほど残して切ります。葉の部分は普通に料理に使ってください。

    水栽培の場合、根の付近に蓄えた栄養で葉を伸ばします。根元を短く切りすぎると育たないので、3センチを守ってくださいね。

    STEP2:根っこを水につける

    根元をまとめて、水を入れたコップにさします。水の量は、ヒゲ状の根が完全にかくれるように。

    ネギが倒れて全体が水につからないように注意してください。輪ゴムで軽くとめると倒れません。

    STEP3:水替えをする

    数日で新芽がにょきにょき伸びてきます。水が濁らないように水替えをします。夏なら毎日、冬は数日おきで大丈夫です。

    1週間ほど置くとこんな感じに。使いたい分を切って収穫します。

    土栽培のやり方

    畑や庭があるなら、土に植えることもできます。もちろん鉢植えでもOK。

    土に植えて上手く根付けば儲けもの。水栽培は根の養分を使い尽くすと終わりですが、土ならもっと長く収穫できます。

    ネギにヒゲ状の根が付いている場合のみ育てられます。

    STEP1:根元を切って水につける

    水栽培と同じように3センチほど根元を切り、植える前に数時間水につけます。

    土植えの場合、新鮮なネギを使うと根付きやすいです。

    STEP2:土に植える

    3センチ程度の深さの穴に1本ずつ植えます。ネギが倒れないように土を寄せましょう。ネギの頭が土から出ている状態です。

    水をたっぷりあげたら、あとは待つのみ!

    STEP3:水をあげる

    土の表面が乾いたら水をたっぷりあげて、伸びるのを待ちます。

    収穫するときは根元を3センチ程度残しましょう。残った部分がまた育ちます。

    癒しにもなる

    水栽培は、根元を水につけておくだけなのでおすすめ!

    普段捨てていた根の部分から、立派な野菜が育ちます。ちょっとしたことですが、意外と育っていく様子も楽しく、癒されます。ぜひお試しください。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!