\ フォローしてね /

ラーメン店の店主に教えてもらった美味しい煮豚の作り方

家で煮豚やチャーシューを作ると、肉がパサパサしたり、かたかったりすることがありませんか?

鍋で煮込むかわりに炊飯器を用いると、すごく柔らかくて美味しい煮豚が作れるということを行きつけのラーメン店の店主さんに教えてもらいました。

材料

  • 豚・肩ロースのかたまり肉…300g~400g
  • 塩・こしょう…適量
  • ビニール袋…2枚

タレの材料

  • ※しょうゆ…100cc
  • ※酒…100cc
  • ※みりん…50cc
  • ※さとう…大さじ2
  • ※にんにく…1片
  • ※味覇(もしあれば)…大さじ1
  • ※水…500cc
※印がついているのは、タレに必要な材料です。タレを作るのが面倒であれば、市販の煮豚のタレを使って手抜きしましょう。
肩ロースのかわりにバラ肉を使うと、角煮が作れます。

煮豚の作り方

STEP1:肉を焼く

表面に塩こしょうを摺りこんだ肉を、全体に焼き色がつくまで焼きます。

STEP2:タレを作る

ニンニク1片はスライスし、※印の材料を鍋で温めます。沸騰して、全体がよく混ざればOKです。

このタレは味見するとかなり「あましょっぱい」です。ゴクゴク飲めるものではありませんが、肉を漬け込む分にはこれくらい味が濃いほうがちょうどいいです。

STEP3:ビニール袋に肉とタレをいれる

ビニール袋を二重にして、中に肉とタレを入れます。ちなみに、上の画像は肉だけいれた状態。

肉とタレを入れたら、ビニール袋の口を縛って中身がこぼれないようにします。

STEP4:炊飯器で保温する

炊飯器の釜にビニール袋をいれ、さらにビニール袋が浸かるくらいの量の熱湯を注ぎます。

蓋をして、保温状態で約1時間放置します。

使う機能は「保温」です。間違って「炊飯」しないようにしてくださいね!

STEP5:できあがり

1時間経ったら、肉を取り出して食べやすい大きさにスライスします。

炊飯器調理の可能性は無限!

豚はあまり煮込みすぎると脂が溶け出してパサパサになるのですが、炊飯器の「保温」機能を用いると、豚が柔らかくなるのにちょうどいい温度が保たれるようです。

おうちで美味しい煮豚が作れない!という人は、ぜひこの方法を試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。