1. 料理
    2. 溶けにくくしてキレイな緑色を保つ!ミツバの保存方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    溶けにくくしてキレイな緑色を保つ!ミツバの保存方法

    ミツバの保存方法を紹介します

    ミツバは、揚げ物のトッピングにも合いますし、お味噌汁に浮かべても風味が出て美味しくなります。あると便利な野菜です。

    しかし、冷蔵庫に保存しておいても、葉っぱが溶けやすく、いたみやすいんですよね。実際にスーパーや八百屋で販売されているミツバも、いたんで黒く溶けてしまっていることも少なくありません。

    そこで、入手したミツバを、少しでも長い時間、きれいな緑色のまま保存しておく方法を紹介します。

    用意するもの

    • ミツバ
    • トレーやタッパーなど
    • サランラップ

    冷蔵して保存する

    水洗いして、トレーに入れて、ラップをかけておきます。2~3日以内で使い切るのがオススメですが、数日間は良い状態を保てます。

    STEP1 ミツバを洗う

    ミツバを、水で、よく洗いましょう。

    新鮮な野菜には、小さな虫が付着していることがあります。泥はもちろんのこと、虫と、その虫が排出した糞を、しっかり洗い流します。これだけで、ミツバは長持ちします。

    STEP2 葉と茎に分ける

    葉と茎に切り分けます。

    茎は、適度な長さに切ります。だいたい4~6等分くらいが目安です。

    STEP3 トレーに入れる

    水を切り、ミツバの葉と茎を、トレーに入れます。

    STEP4 冷蔵庫へ

    トレーにサランラップをかけてから、冷蔵庫へ入れます。

    冷凍して保存する

    冷凍保存すると、長期間にわたって、緑色を保てます。

    STEP1 サランラップを準備して、ミツバを並べる

    サランラップを、まな板などに敷きます。サランラップの上半分に、ミツバを並べます。なるべく重ならないように置きます。

    STEP2 ミツバを包む

    サランラップの下半分で、上半分を閉じます。空気を抜くようにして、サランラップを重ね合わせましょう。

    STEP3 冷凍庫へ

    そのまま冷凍庫にしまいます。長期間、保存可能です。

    おわりに

    最初に水で洗っておくだけで、かなり長持ちするようになります。ほんのちょっとの工夫ですが、せっかくのミツバです、なるべく美味しく頂きたいものです。

    ミツバの葉っぱを、ひとちぎりするだけでも、ふりかけ感覚で楽しめます。ぜひ、食卓に、冷蔵庫・冷凍庫に、ミツバを普段から、ご利用いただければと思います。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人