\ フォローしてね /

野菜なのに、まるで麺!?水菜の麺風仕立ての作り方

このレシピの生い立ち・おすすめ理由

水菜の葉っぱは、サラダにして食べても美味しいですよね。加熱しても、シャキシャキとした食感があると嬉しいです。

しかし茎の部分は、歯に詰まりやすく、葉っぱに比べると家族の評判もイマイチなことが多く、茎だけ柔らかくしたらどうかと考えました。茎だけ加熱時間を長くしたら、と。

今回の主役は水菜の茎です。水菜の細い茎は、麺のように仕立てます。ごはんのときに「麺っぽい物も食べたいなあ」という欲張りな希望をかなえられるメニューです。

麺っぽいといっても、あくまでも野菜ですから、小麦粉の麺を使ったサイドメニューよりもヘルシーです。

「葉っぱ」と「茎」とで加熱時間を変えるのがポイントです。油で炒めます。

材料 (1~4人分)

  •  オリーブオイル(フライパンを、ぐるっと細めに一周、目分量で可)
  •  塩(小さじ1杯)
  •  水菜2把

「水菜の麺風仕立て」の作り方

STEP1: 野菜の下準備

水菜を水で洗い、「葉っぱ」と「茎」に切り分けます。

葉っぱは水につけておき、茎は水を切ります。

STEP2: 茎に塩をかける

フライパンにオリーブオイル大さじ一杯程度を流しいれます。

水菜の「茎」だけを入れます。小さじ一杯の塩をかけます。写真は「藻塩」と呼ばれる塩を用いているので色がついていますが、まっ白い粗塩や食塩でも美味しく仕上がります。

水菜の茎は、ある程度の長さのままで切ると、ちょっと麺っぽくなるんです。見た目も楽しいです。

STEP3: 中火で3分炒める

中火で3分炒めます。このとき茎だけを先に炒めるので、「葉っぱ」は加えません。

サイバシやへらでつついたとき、くにゃっと曲がるようになります。

STEP4:葉っぱを加える

茎をフライパンの端に寄せてから、「葉っぱ」を入れます。

強火で炒め、水分を飛ばします。

完成!

水菜だけで主食になる勢いですが、そこは、あくまでも「おかず」です。ごはんものの他に、ちょっと麺も食べたいなあという気分のときにオススメです。

もちろん低カロリーですから、多めに作っても安心して美味しく召し上がれます。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。