1. 暮らし
    2. ユニクロのポロシャツをかわいくリメイクする方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ユニクロのポロシャツをかわいくリメイクする方法

    夏が近づいてきました。サイズ、カラー、柄のバリエーションがあるユニクロのポロシャツは、お手頃価格で使いやすいアイテムですよね。だからこそかぶりがちだともいえます。

    そこで今回はユニクロのポロシャツを簡単にかわいくするリメイク方法を紹介します。

    用意するもの

    • ユニクロのポロシャツ
    • ボタン2個
    • ポンポンテープ(襟の周囲の長さ分)
    ポンポンテープはボンボンブレードとかポンポンフリンジとかとも呼ばれるもの。手芸屋さんで購入できます。ネットでも気軽に購入できますよ。ポンポンテープ - Country Quilt Market

    ポロシャツのリメイク方法

    ポロシャツの特徴は、襟元ですよね。今回はその襟元にちょっと手を加えてみます。ポロシャツは白を選んでみました。

    STEP1 ボタンをつけかえる

    ユニクロのポロシャツだと見抜かれてしまう一番の理由は、ボタンです。シンプルなボタンは無難ですが、かわいいとは言いがたいので取って付け替えちゃいましょう。

    ボタンを選ぶときはサイズに気をつけて。ボタンホールを通るサイズかどうかを必ず確認してくださいね。

    STEP2 襟に沿ってボンボンテープを縫いつける

    ボンボンテープはつけるだけで一気にかわいさアップが期待できるアイテム。ポロシャツの襟に沿って、ていねいに縫いつけてください。

    おわりに

    仕上がりはこんな感じです。ポイントは色の組み合わせ。リメイクビギナーは、今回のように白いポロシャツを選ぶと失敗しにくいのでおすすめです。簡単なのでトライしてみてくださいね。

    またアイロンプリントはリメイクの幅も広がるのでおすすめです。アイロンプリントのはがし方もマスターしておけば、失敗してしまっても安心です。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人