1. 料理
    2. あまったマックフライポテトを活用!「ポテトバリバリ焼き」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    あまったマックフライポテトを活用!「ポテトバリバリ焼き」の作り方

    おいしいのだけれど、つい残してしまうこともある「マックフライポテト」。残りあとちょっとなのに…。そこで、チーズ好きやポテト好き、さらにお酒が好きな人におすすめするマックフライポテトの簡単アレンジレシピを紹介します。

    材料(1人分)

    • マックフライポテト:数本
    • スライスチーズ:1枚(溶けるタイプでは無いものを用意)
    • オーブンペーパー(またはアルミホイル)

    バリバリ焼きの作り方

    STEP1:まずはポテトだけ焼く

    余ったポテト数本をオーブンペーパー(またはアルミホイル)の上に置き、オーブントースターで2分程度焼きます。トーストを焼く温度でOKですが、温度調節できる機器ならば一段階下げて焼いてください。

    再度加熱しますので、焦がさないように注意してください。焦がしてしまったらその部分は必ず取り除きましょう。美味しくない上に、再加熱時にさらに焦げてしまいます。

    STEP2:チーズを乗せてさらに焼く

    「STEP1」で一度加熱したポテトとチーズを焼きます。オーブンペーパーの上にチーズとポテトを写真のように置きましょう。

    オーブントースターに入れ、4分ほど焼きます。

    オーブンペーパーの場合は加熱しすぎると紙が焦げて危険です。焼いている間はそばから離れず、様子を見てください。

    焦げるのを防ぐには3分経ったら様子を見てペーパーを替えるか、温度調節のある機器の場合は強めの温度(トーストを焼く温度)で3分、低温(フライを温める温度)で3分ほど焼いてください。

    温度加減は機器によって違いますので、実際に焼きながら確かめるのが美味しく仕上げるコツです。

    STEP3:トースターから取り出す

    ポテトやチーズのフチがきつね色になったら、オーブントースターから取り出します。

    焦げる一歩手前まで焼くと美味しいのですが、写真のように中央のチーズ部分がふっくら焼けている程度でも十分です。

    STEP4:冷ます

    ペーパー(ホイル)を外し、少し冷まします。完全に冷ませば、よりバリバリします。

    温かい状態のものもポテトがボリボリ、チーズの端がバリバリ、真ん中はフニャリと面白い食感を楽しめます。軽い塩気が後を引く美味しさですよ!

    完成!

    写真はホイルで焼いたバリバリ焼きを裏から見たもの。ホイルは少しはがしにくく、チーズが残ってしまうこともありますが、ゆっくりはがせばこの程度でおさまります。

    「STEP1」は、面倒ならば省いてもかまいません。省いた場合、ポテトは柔らかく仕上がりますので、温かい内にいただきましょう。

    最後に…ポテトを持ち帰る方法

    子どもと一緒にお店で食べていてポテトが残っちゃったというとき、写真のように、箱を組み合わせて蓋にして持ち帰ると運びやすくなりますよ。写真はMサイズとLサイズを組み合わせたものです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人