\ フォローしてね /

バターとチーズに塩こしょうのみ!イタリアの庶民の味『パスタ・ブォーロ』の作り方

パスタソースがなくてもチーズとバター、塩こしょうがあれば作れる「パスタ・ブォーロ」のレシピです。とてもシンプルな材料で作るからこそ、素材の良さがダイレクトに味に直結。バターは香りの良い発酵バターやワンランク上のものを使うのも楽しみの一つ。あえて余計な調味料を加えないことで、食べたときにえも言われぬ満足感を味わえます。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapi
  • とにかく簡単

    パスタを茹でて和えたら完成

  • 素材の美味しさ

    シンプルなバターとチーズのうま味を存分に楽しめる

  • イタリア庶民の食べ方

    日本でいう卵かけご飯のような存在

このライフレシピのもくじたたむ

材料(1人前)

  • パスタ(乾麺と生麺、どの太さでもOK)…100g
  • 粉チーズ(パルメザンチーズなど)…大さじ2
  • 有塩バター…1かけら(10~14g)
  • 塩…適量
  • 黒こしょう…適量
普通のこしょうではだめ?1
バターとチーズの絡んだマイルドなパスタに、ピリッとした辛味と香り付けのスパイスとして、今回は黒こしょうをおすすめしています。
無塩バターを使った場合2
最後に味をみながら塩こしょうを足す工程で、塩の量を増やしてください。

作り方

1パスタを茹でる

パスタの包装袋に書かれた茹で時間を確認して、時間通りに茹でます。

茹で時間は短縮しない
この後、フライパンでソースとパスタを合わせ、さらに加熱するという工程がないので、パスタがこれ以上伸びる心配もなく、基準時間より早めに上げる必要がありません。

2パスタを和える準備

皿やボウルにたっぷりのパルメザンチーズとバターを用意します。

3塩コショウで味を調える

  • 茹であがったパスタを茹で汁を完全に切らずに、パルメザンチーズとバターの入ったボウルに入れてよく和える。
  • 一度味見をして、塩こしょうで味を調える。
塩こしょうは少しずつ加える
チーズとバターに意外と塩分が含まれているので、味を見ながら徐々に足しましょう。無塩バターを使った場合は塩の量が少し多くなります。

4完成!

キレイに盛り付けて完成です。

イタリア庶民の味

「パスタ・ブォーロ」はイタリア人なら誰でも知っていると言われる、日本でいう卵かけご飯のような存在の超簡単パスタです。
シンプルだけど奥深い、イタリアの定番家庭料理です。

シンプルな材料のパスタだからこそ、ぜひおいしいチーズで作ってみてください。
ダイレクトにおいしさがグンとアップします!

お好きな食材を加えるなどアレンジもおすすめです。

Twitter「モーメント」機能で、このレシピをつくってみた人たちの感想や参考になる情報をまとめました。

(image by 筆者)
(image by PIXTA)
(image by nanapi編集部)

追記した箇所一覧

  • 12018年09月13日黒こしょうについて追記しました。
  • 22018年09月13日バターの種類について追記しました。
このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。