1. 料理
    2. メタボ解消の男どんぶり「豆腐納豆丼」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    メタボ解消の男どんぶり「豆腐納豆丼」の作り方

    このレシピの生い立ち・おすすめ理由

    夫は長年の単身赴任で食事は外食がほとんど、飲む機会も多くなりがち。メタボを気にする年齢になって、なんと一念発起!家にいる時は自炊すると決心しました。

    火も使わず、包丁要らずでできるヘルシー丼が彼の得意料理(?)。豆腐と納豆はそのままおかずにするより、丼にすると満足感があるようです。

    仕上げのゴマ油が効いていて、夏バテの時や飲みすぎた日の翌日にもこれならガッツリいけるそうですよ。

    材料 (1人分)

    • ご飯 丼1杯分
    • 豆腐 半丁
    • 納豆 1パック
    • 細ネギなど 少々
    • ゴマ油、醤油 適宜

    「豆腐納豆丼」の作り方

    STEP1: ご飯を盛った丼に豆腐を入れる

    豆腐は水を切りながらスプーンですくってご飯の上に敷きつめる。今回は絹ごし豆腐を使用。

    STEP2:納豆をパックでよくかき混ぜてから豆腐の上に乗せる

    お好みで付属の納豆だれを混ぜてもOK。醤油派の方はたれを使わず、最後に豪快にかけて豆腐と一緒に混ぜても大丈夫。

    STEP3: ネギを散らし、ゴマ油と醤油を垂らす

    包丁代わりに大活躍の料理バサミの登場!

    完成!

    あっという間に出来上がり。洗い物も最小限に抑えられるのでGOOD!

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人