1. 料理
    2. ごま油が香る!テキトー男子の塩ねぎ豚丼

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ごま油が香る!テキトー男子の塩ねぎ豚丼

    自炊暦が長い男性の料理って、適当なのに何故かおいしい…と思ったことはありませんか?料理するけど、計量道具なんて一切持ってないよ!と言う、友人・T君(1人暮らし歴17年)に、得意料理「塩ねぎ豚丼」の作り方を教えてもらったのでご紹介します。
    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapinanapinanapinanapi

      編集部からのポイント

    • ここがオススメ!

      計量スプーンなどで測らなくても「だいたい」で美味しく作れる。大さじ小さじの代わりにカレースプーンとティースプーンを使用。料理酒がなければビールでもOK

    • 調理のポイント

      材料をビニール袋の中で揉んでから10分ほど置くと、味が染み込んで美味しい。

    • ここが便利!

      ネギと肉をキッチンバサミで切ってしまえば、包丁とまな板も出さずに済む。そんなところまで代用が効く。

    このライフレシピのもくじたたむ

    材料(1人分)

    • 豚こま切れ肉:150g
    • 長ネギ:1本
    • 日本酒:カレー用スプーンで2杯
    • ごま油:カレー用スプーンで2杯
    • 塩:ティースプーンで多めに1杯
    • 白いごはん:丼1杯

    用意するもの

    • 透明ビニール袋(スーパーでもらえるようなもの)
    • 家にあるスプーン
    • フライパン

    作り方

    STEP1:ネギを切る

    ネギを薄切りにして、ビニール袋に入れます。

    薄いほうが見栄えが良いけど、厚めでも大丈夫。包丁を使うのが面倒だったら、キッチンばさみを使ってください。

    STEP2:肉を入れる

    ネギが入ったビニール袋に、豚肉を入れます。

    こま切れなのでそのまま入れてOK。大きさが気になるときは、ひと口大に切ってください。

    STEP3:調味料を入れる

    ネギと豚肉が入ったビニール袋にごま油と日本酒、塩を入れ、袋の上からよくもみます。

    料理酒を使う場合は、若干塩を少なめに(酒に塩分が含まれるため)。日本酒は入れなくてもできますが、入ると塩だれっぽくなるのでおすすめです。日本酒がない場合は、少し味は残るけどビールでも◎。

    STEP4:味をしみこませる

    10分くらい袋ごと放置して、味をしみこませます。

    ここが重要なポイントなので、省略せずに守ってください。

    STEP5:炒める

    フライパンを熱して、油をひかずに袋の中身をあけ、箸などでほぐしながら炒めます。肉に火が通ったら、お好みで塩を足して味を調えます。

    もっと汁気があった方が丼っぽいな、と思ったら日本酒を足して下さい。

    STEP6:完成!

    ごはんの上に盛りつけて出来上がり。残ったお酒はご一緒に!

    作るコツ

    ボウルも計量スプーンも(場合によっては包丁も)いらないカンタン料理。これなら、すぐにでも作れそうですね。

    女性なら肉100gくらいでいいと思います。200gにすると大盛りって感じで、お腹が空いているときにオススメです。分量は適当でも、10分放置することさえ守ればおいしくなるお手軽レシピ。どうぞお試しあれ!

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!