1. 趣味
    2. キッチンインテリアにもなる「ベビーリーフ」の育て方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    キッチンインテリアにもなる「ベビーリーフ」の育て方

    野菜を初めて育てるなら、すぐに育って収穫の喜びが味わえる「ベビーリーフ」はいかがでしょうか?

    ベビーリーフは、レタスやルッコラ・ホウレンソウなどの葉野菜のやわらかい若葉のこと。芽を出してから1カ月以内に収穫できるスピード野菜です。

    しかも小さな容器で、場所も時間もとらずに栽培できるのが魅力。かわいい入れ物で育てれば、キッチンのインテリアにもなりますよ。

    用意するもの

    • 容器(10センチ以上の深さがあるもの)
    • 受け皿(室内で育てる場合のみ)
    • 野菜用の土
    • ベビーリーフのタネ(レタスミックス・ベビーリーフミックスなどの名前で販売されているもの、またはスプラウト用のタネ)

    ベビーリーフの育て方

    STEP1

    容器に水抜け穴があることを確認し、穴がない場合はキリやカッターナイフを使って穴を開けます。

    5センチ程度の深さまで土を容器に入れます。普通の野菜より土が少ないのは、少ない土でも育つから。たっぷり入れても問題ありません。

    容器は、イチゴパックなどでも代用できます。すぐに収穫できる野菜なので、しっかりしたものでなくても大丈夫。おしゃれな空き箱やカゴで覆うと素敵です。

    STEP2

    タネが重ならない程度に、パラパラとまきます。

    タネを一晩水に漬けておくと、良く発芽します。

    市販されているタネの種類はいろいろですが、おススメは数種類をミックスしたもの。味が良いうえに、育てるときにも彩り豊かで可愛いらしいです。

    STEP3

    薄く(2~3ミリ)土をかけ、たっぷりと水を与えます。土をかけすぎると芽が出にくくなることがあるので、タネがかくれたかなー程度で大丈夫。

    芽が出るまでは日陰において、土が乾かないように気をつけましょう。

    水やりはそうっとやさしく。タネが流れて偏らないように注意してくださいね。

    STEP4

    3日から1週間で芽が出たら、明るい窓際やベランダに移します。たっぷり日光を浴びて元気に育ちます!

    土の表面が乾いたら、底から水が流れるまでたっぷり水をあげましょう。

    「水やりは土が乾いてから」を守ってくださいね。水のやり過ぎは失敗のもとです。

    STEP5

    10センチ程度に伸びたら収穫できます。

    収穫する時のコツは、混んでいるときは間引くように取ること。すると残ったものが大きく育ってくれます。

    そして、残りのベビーリーフが大きくなってきたら、今度は外側の葉から収穫しましょう。こうすると、長く楽しむことができますよ。

    使い終わった土をどうする?

    収穫し尽くした鉢には、根がびっしり生えています。このままでは使えませんが、一度で捨ててしまうのはもったいないもの。著者は新しい土と混ぜて再利用しています。

    カビ・病気・虫が発生した土は再利用できません。

    簡単な方法は日光消毒。ある程度乾かした使用済み用土をフルイにかけ、根と土を分けます。天気の良い日に、新聞紙や段ボールなどの上に薄く広げ、日光消毒します。

    こうして消毒した土を、1/3程度新しい土に混ぜて使います。

    ベビーリーフの食べ方

    美味しく、栄養価も高い食べ方は生食。加熱しないから、ビタミンやミネラルを丸ごと無駄なくとることができます。摘みたてをさっと洗ってどうぞ!
    - サラダ
    - パスタや麺、冷ややっこにトッピング
    - サンドイッチの具
    - 卵焼きやオムレツの具
    - ピザにトッピング

    おわりに

    ベビーリーフは、短期間で収穫できるので失敗も少なく、初心者にもおススメです。室内で育てられる野菜なので、ベランダがない方もプチガーデニング気分が味わってみてくだらいね。

    (イラスト by 著者)

    このライフレシピを書いた人