1. 暮らし
    2. ムダなし!ニンジンやダイコンのヘタで青菜を育てる方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ムダなし!ニンジンやダイコンのヘタで青菜を育てる方法

    いつもは捨てているもので野菜が育てられたら、得した気分になりませんか?根やヘタといった廃物を再生して育てられる野菜は、ネギ・ミツバ・ダイコン・ニンジンなど様々。

    そんな再生野菜の一つ、ダイコンやニンジンのヘタから青菜を育てる方法をご紹介します。

    この方法で育てられる青菜とは、ダイコンやニンジンの葉のこと。ニンジンの葉はパセリと同様に使え、ダイコン・カブの葉は、お浸しやみそ汁の具に加えたり、ちょこっと欲しいときに便利です。

    自分で野菜を育てておくと、常に新鮮な野菜を入手できるメリットがあります。冷蔵庫に入れておくより、電気代を節約。忘れてしなびたりダメにする野菜も減って無駄もなくなります!

    用意するもの

    • ニンジン・ダイコン・カブなど根野菜のヘタ
    • 皿やプラスチック容器

    ヘタから青菜を育てる方法

    気温が高すぎたり、雨が続くと腐ることがあります。春か秋に育てると成功しやすいです。

    STEP1

    ダイコンやニンジンのヘタを、1.5センチ程度の厚みを残して切ります。身の部分は、普通に利用できます。

    育てやすいのは、少しだけ葉の根元が残っているか、葉が付いていたもの。葉が付いている場合は、内側の小さい葉を数本残して育てます。

    STEP2

    容器にヘタを入れ、1センチ程度水を入れます。ヘタの上部分が水につからないようにしてください。

    STEP3

    窓際などの明るい場所に置きます。水が濁らないよう、毎日水を入れ替えましょう。

    STEP4

    数日すると、芽が出てきます。水かえ時に、ヘタの下部分と容器もきれいに洗うと失敗なく育ちやすいです。

    STEP5

    葉が伸びてきたら摘んで利用します。

    利用の仕方

    ニンジン

    若葉はパセリの代わりに、サラダやパスタのトッピングとして使います。10センチ程度に大きくなると、香りと苦味が強くなるので細かく刻んで炒めものやスープの香り付けにぴったりです。

    ダイコン・カブ

    ダイコン葉やカブの葉と同様に、お浸しや炒めもの、汁物の具などにどうぞ。

    おわりに

    ちょっとした工夫で、ゴミにしていた部分から再生野菜が育てられます。ぴょこっと出てくる新芽を観察するもの楽しいですよ。ぜひお試しください!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人