\ フォローしてね /

かわいい&かんたん!「どうぶつしょうぎ」って何?

「どうぶつしょうぎ」とは、女流棋士の北尾まどか氏によって考案されたボードゲーム。将棋のルールを簡略化したもので、2008年に発売されました。

対象年齢が3歳からということもあり、ルールはとてもシンプルなのですが、やればやるほど奥が深い!と話題になっているこのゲーム。その魅力をご紹介します。

魅力1:ルールがシンプル

将棋のルールがベースになっているので、2人で対戦するゲームです。

使うコマはこれだけ。

  • ライオン:百獣の王ライオンはどうぶつたちのリーダー。となりのマスならどの方向でもすすめます。
  • ぞう:たよりがいのあるぞうはナナメにすすめます
  • きりん:首の長いきりんはタテヨコにすすめます
  • ひよこ:ちっちゃなひよこは前に一歩だけすすめます。でも、成長すると?

進める方向を覚えていなくてもOK

コマそのものに「進める方向」が赤い○で示してあるので、初めての人でもすぐにルールが分かるようになっています。

勝ち負けの決め方は2種類のみ

あとは、このコマをうまく使って

  • 「相手のライオンを先に取る」
  • 「自分のライオンが相手のエリアまで先に進む」

のどちらかで勝ち負けを決める、シンプルなゲームです。

魅力2:だけど、奥が深い

シンプルなゲームですが、奥が深いのが「どうぶつしょうぎ」。

将棋と同じく「成る」ことができる

最初は前方1マスにしか進めなかったひよこが

相手の陣地に入ると、にわとりに!青い○の方向、ナナメ後ろ以外はすべてのマスに進めるようになりました!

相手のコマを取ったら自分のコマとして使える

相手のひよこを取った後、

自分の手番で空いているマスの好きなところに仲間として置くことができます

逆転勝負に出られる

  • 前に1マスずつしか進めないひよこでも、ライオンを取れたら勝ち!

  • たとえ自分の持ちコマがライオンだけになったとしても、相手の陣地に到着(トライ/入玉)できれば勝ち!

魅力3:コンパクトなためいろんなところで遊べる

盤面は折り畳み式のため、こんなにコンパクト。

文庫本と比べてみました。

文庫本約2冊ぶん程度の大きさなので、持ち運びがしやすく、いろんな人と対戦することができそうですね。

おわりに

コンパクトでシンプル。どんな年代の人とも遊べて、奥が深いのが「どうぶつしょうぎ」の魅力です。

家族や友人たちと気軽に遊べるゲームとしておすすめです。ぜひ挑戦してみてくださいね。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。