1. コミュニケーション
    2. 相手が石川県民なのか見分ける方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    相手が石川県民なのか見分ける方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    無いようで、実はある、石川県民の特徴。しっかり覚えて見分けましょう。

    ポイント

    学区のことを校下(こうか)と言う

    例 「ウチの中学の校下でさー」

    「学区」「校区」が一般的ですが、北陸と北海道の一部でのみ「校下」と言うようです。

    晴れるとニュース扱い

    例 「今日、晴れたねー!」

    天気が晴れのときに異常に喜んだり、ネタにしていると石川県民の可能性が高まります。なぜなら、石川県は雨の日が極端に多いからです。事実、2010年の年間雨日数はなんと日本1位です。

    家族風呂に入ったことがある

    例 「子供のころ、家族風呂でね...」

    「家族風呂」とは、貸切風呂のようなものです。旅館などではなく普通の銭湯に併設されていて、一人1000円未満程度で入浴できる、手軽な家族/カップルのためのレジャー施設です。

    全国的な状況はわかりませんでしたが、石川県は家族風呂の発祥の地といわれ、家族風呂のある銭湯が多いので、きっと入ったことがあるはずです。

    8番ラーメンに行きたがる

    例 「なんでやろ...8番」

    石川県には、県を横切る国道8号線にちなんだ「8番ラーメン」というラーメンチェーン店が多くあります。ファミリーレストランのようなとても入りやすい雰囲気で、家族連れの利用も多く、子供の頃に味を覚えてしまいます。

    8番ラーメンは石川県発祥で、日本各地や海外へ展開していますが、どこにでもあるほどではないので、懐かしい8番ラーメンの味をふと思い出すことがあります。

    語尾に「じ~」「が~」がつく

    「じ~」は問いかけでよく使います。

    例 「いいですね」→「いいじ~」

    「が~」は疑問形でよく使います。

    例 「そんなのでいいの?」→「そんなんでええが~?」
    石川県は縦長なので、方言は加賀・金沢・能登で結構異なります。

    歌詞の数え方が「1題目」「2題目」

    歌詞の数え方は「1番」「2番」が一般的ですが、石川県では「1題目」「2題目」といいます。

    富山県でも同じように言うそうです。

    女性が関東でモテる

    石川県は男尊女卑の文化が根強いらしく、その文化で育った女性は男を立てるのがうまいので、関東に出た石川県女性はとてもモテるそうです。

    一概には言えません。

    男性が関東でモテない

    逆に、男性は女性を優しくエスコートするような都会的なアプローチが苦手で、関東ではモテにくいようです。

    くどいようですが、一概には言えません。

    おわりに

    これであなたも石川県民通ですね!

    Twitterで紹介!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人