\ フォローしてね /

幼稚園児のお弁当 小さなしゃけ弁当の作り方

このレシピの生い立ち・おすすめ理由

幼稚園児のお弁当って、小さすぎてどんなおかずを入れればいいのか迷ってしまいませんか?小さな子でも食べやすいように作ってあげたいし、栄養バランスも気にしてしまう。

冷凍食品やレトルト食品に頼らなくても、前日の晩ご飯で使った素材を少し「取り置き」しておくだけで、小さなおかずを少しずつ作ることができます。

「取り置き」素材を使うことによって調理時間は短縮。朝食と同時進行で準備できてしまいます。それでは調理開始!

お品書き (子ども1人分)

  • しゃけご飯(焼いた甘塩鮭をほぐしておく)
  • じゃがいも団子(ポテトサラダの素材で)
  • 照り焼きチキン(蒸した鶏モモ肉と照り焼き味の調味料)
  • ブロッコリーとプチトマト
  • バナナ

小さなしゃけ弁当の作り方

STEP1:ご飯をつめる

お弁当の準備開始時間に合わせて炊き上がるようにタイマーをセットします。他のおかずを用意している間にご飯を冷まします。写真は玄米と白米を半分ずつ混ぜたご飯です。

STEP2: じゃがいも団子を作る

前日の晩ご飯で作ったポテトサラダ。マヨネーズを入れる前に少し取り分けます。味付けは塩とコショウ少々。

ぎゅっと握って固まらないようでしたら片栗粉を少し混ぜいれ団子状にします。両面フライパンで焼き付けたら、じゃがいも団子の完成。

STEP3: 照り焼きチキンを作る

同じく少しだけ取り置きしておいた蒸し鶏モモ肉を照り焼きにします。

照り焼き味の調味料は醤油、みりん、砂糖を1:1:1の割合いで混ぜると簡単に作れます。

STEP4: ブロッコリーをゆでる

できあがったおかずはバットに並べておきます。ご飯とおかずは別に冷ましましょう。

STEP5: ご飯がさめたら鮭のほぐし身をのせる

鮭はたくさん焼いてほぐしておき冷蔵庫で保存しておくと便利ですね。

おかずをつめたら 完成!

お箸やスプーンを上手に使えないお子さんの場合は、ご飯に鮭を混ぜておにぎりにしたら食べやすくなります。

照り焼きチキンは食べやすいようにピックに差しました。ブロッコリーの横にプチトマトも添えて。デザートにはバナナを。

食べやすさとバランスを考えたお弁当のできあがり!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。