\ フォローしてね /

断線しないドライヤーコードの収納方法

毎日使うドライヤーですが、本体の故障よりもコードの断線で使い物にならなくなってしまった、ということが多々ありますよね。

そこで今回は、ちょっとの工夫でドライヤーのコードを断線しにくくする方法をご紹介します。

断線が起こりやすい箇所はコードの根元

断線が起こりやすいのは、無理やりコードが曲げられてしまっているコードの根元が多いようです。したがって、コードの根元に注意して巻いてあげれば断線しにくくなると言えます。

コードを本体に巻くときに注意するたった一つのポイント

コードを本体に巻くとき、いきなり根元からグルグル巻きにするのではなく、少したゆませましょう。

時間と労力に余裕があるならば、ドライヤー本体にグルグル巻きにしないのが得策です

さいごに

たったこれだけで、コードが断線することなく、ドライヤーを長く使うことができます!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。