\ フォローしてね /

土間土間風「やみつき塩キャベツ」の作り方(動画あり)

居酒屋でも大人気!ざく切りキャベツにうま味が凝縮した塩ダレをからめただけの簡単メニュー「やみつき塩キャベツ」の作り方です。塩で引き立ったキャベツの甘味とごま油とにんにくの風味が相性抜群。つい食べる手が止まらない美味しさです。野菜をたくさん食べられるので、食卓にもう一品欲しい時にもぴったり。作るコツは、調味料をお湯を使って混ぜること。バリっとしたみずみずしい食感と後を引くコクをぜひご堪能あれ。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • お店の人気メニュー

    土間土間の「やみつき塩キャベツ」を再現

  • 簡単に作れる

    タレと切ったキャベツを混ぜるだけ

  • 中毒性のあるおいしさ

    本当にやみつきになってしまうおいしさ

材料(2人分)

  • キャベツ…1/4個
  • (A)ごま油…大さじ1
  • (A)塩…4つまみ
  • (A)おろしにんにく…小さじ1/2
  • (A)ほんだし…小さじ1と1/2
  • (A)しろごま…少々
  • (A)お湯…30ml
その日のうちに食べ切れる量を作る
時間が経ちすぎてしまうとキャベツの水分が出てしまうので、その日に食べられる分量で作りましょう。

作り方

1キャベツの下ごしらえ

キャベツをひと口大にざく切りにします。包丁を使いたくないときは手でちぎってもOKです。

洗って、しっかり水気を切っておきましょう。

水分が残っていると味付けが薄まり、水っぽくなってしまいます。

2タレを作る

(A)の調味料をすべて混ぜ合わせます。

水ではなくお湯を使う
このとき、水ではなくお湯を使うのがポイント。お湯のほうがほんだしもすぐに溶けて、キャベツに味が染み込みやすいです。お湯はレンジで温めるとラクに用意できます。

3混ぜ合わせて完成!

キャベツにタレをかけて、さっくり混ぜたら完成です。

辛いものが好きなら、輪切り唐辛子を入れてみてもおいしく食べられますよ。

力の入れすぎに注意
食品用のポリ袋に入れて、キャベツと調味料を混ぜ合わせてもOK。あまり強くタレをもみ込もうとすると、しなっとなって食感が変わるので注意してください。

先に作っておくのがおすすめ

手順としては、最初に「やみつき塩キャベツ」を作ってからほかの料理にとりかかると、ちょうど食べる頃にはいい染み具合になっています。

初めて居酒屋「土間土間」に行ったときにハマってしまった“やみつき塩キャベツ”を、どうにかして家でも食べられないかな~と試行錯誤の結果、今では我が家の大人気メニューになりました。

量があるように見えても、意外にぺろっと食べられちゃいますよ。

牛角でも食べられる
やみつき塩キャベツは、土間土間と同じ会社が運営している焼肉店「牛角」でも食べられます。

動画でレシピを見る

このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。