1. 暮らし
    2. 夏の自転車が暑すぎる!みんなの対策まとめ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    夏の自転車が暑すぎる!みんなの対策まとめ

    炎天下の自転車は、本当に暑いもの。でも自転車がお買い物や通勤に必須、という人も多いでしょう。nanapiユーザーから聞いた、自転車の暑さ対策をまとめました。

    対策1:自転車をなんとかする

    自転車を整備する

    タイヤの空気が少なかったり整備不足だと、ペダルが重くなり、力を入れてこぐハメに。力を入れると体温が上昇し、汗だくになってしまいます。

    タイヤの空気チェックやチェーンに油をさすなど整備をきちんと行うとラクにこげるようになり、暑さも少し解消します。

    サドルを冷やす

    天下に置いておくと、自転車のサドルはめちゃくちゃ熱くなりますね。日陰に置ければよいのですが、夏の駐輪場の日陰は激戦区。どうしても日なたに置かざるを得なくなることも。そんな時の対策は……

    サドルが熱くならないようにする

    サドルに帽子や新聞紙やスーパーの袋をかぶせておくだけでも、サドルが熱くなりすぎることを防ぐ効果があります。

    熱くなったサドルを冷やす

    サドルが熱くなったときは、水で濡らしたタオルをサドルの上に乗せ、気化熱で冷やすと乗りやすくなります。保冷剤があれば、保冷剤を乗せて一気に冷やすこともできます。

    「さすべぇ」で日傘を取り付ける

    「さすべぇ」は、自転車に傘を取り付けられる商品で、主に関西圏で人気。両手をあけたままで日傘をさせます。

    さすべぇは強風時や人ごみで使うと、傘が周囲の人に当たって危ないという面も。すいた広い道でのみ使うなど、利用時は周囲に迷惑をかけないよう注意しましょう。

    対策2:自分の体を冷やす

    帽子をかぶる

    帽子やサンバイザーで日を避けると、少し涼しく感じられ、日焼け予防にもなります。

    日除け手袋をする

    腕の長い日除け用の手袋は一見暑そうですが、実際に利用しているというユーザーからは、「直射日光に当たるよりも全然体感温度が違う」という声が寄せられました。

    保冷剤やタオルで冷やす

    「熱さまシート」のような保冷シートを体に貼ったり、濡らすとひんやり感じるタオル、保冷剤入りストールを巻いたりして体を冷やすと、少し涼しく感じて快適に走れます。

    涼しい服を着る

    肌に触れるとひんやり感じる「接触冷感ウェア」など、涼しく感じる機能を持った服を着ると、涼しく感じられます。

    袖口が広く、体内に外の空気が入りやすいアロハシャツも快適です。下半身はゆったりめの長ズボンだと締め付け感がなく、風を感じやすくなります。

    対策3:場所や時間を工夫する

    なるべく日陰を走る

    とにかく日陰優先で走れば、暑さも少し解消されます。時間を選べるならば、真昼~午後3時ごろの暑い時間を避け、朝や夕方に乗るのも手です。

    下り坂があるルートを選ぶ

    こぐ力をあまり必要としない下り坂が多いルートを選ぶのもアリ。心地いい風を受けながら乗ることができます。ただし、スピードの出し過ぎにはくれぐれもご注意ください。

    (Photo by 足成

    このライフレシピを書いた人