\ フォローしてね /

5分でできる箸休めの一品「青菜の辛子和え」の作り方

このレシピの生い立ち・おすすめ理由

おかずにあと一品何か欲しいと言う時にちょっとした箸休めがあると助かりますね。

菜ものを使ったおひたしは手軽な一品ですが、実家の母はこれに辛子を加えて辛子和えをよく作ります。筆者にとって実家の味の代表です。

単品の材料でも十分、一品あるだけで献立が充実しますよ。

和辛子のぴりっとした風味が食欲を増し、晩酌のお伴にもぴったりです。色々な野菜に応用もできるのでオススメです。

材料 (2~3人分)

  • ほうれん草、小松菜、はたけ菜など 1/2~1束(今回は小松菜を使用)
  • 和辛子...小さじ1
  • しょう油...大さじ1
  • 出汁...大さじ1
  • カツオ削り節...小1袋

「青菜の辛子和え」の作り方

STEP1:青菜をさっと茹でる

沸騰したお湯に洗った青菜を入れ、1分くらいさっとゆでます。ただし火の通りの速いほうれん草などはもっと短い時間でOKです。

STEP2: さっと水にくぐらせる

あくを抜き、色をきれいに保つために茹であがったらすぐに水にくぐらせて、その後水気を絞っておきます。

STEP3: 4、5cmくらいの長さに切る

STEP4:ボールに辛子、しょう油、出汁を混ぜ、青菜を合える

辛子の量はお好みで加減して下さい。しょう油だけでは味が濃すぎるのでカツオ出汁などで伸ばします。出汁は市販のだし粉をお湯で溶かしたものでも構いません。

完成!

器に盛り付け上からかつお削り節をかければ出来上がりです。超簡単なのでお試しください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。