\ フォローしてね /

暑い日におススメ「カジキマグロと素麺のひんやり鉢」の作り方

このレシピの生い立ち・おすすめ理由

夏は暑さで食欲が落ちますね。おまけに料理する時、熱い火を長く使うとなると本当にぐったり。

昼にささっと素麺というご家庭も多いと思いますが、余った素麺を夜のおかずに利用できたら助かりますよね。

我が家ではわざと少し残しておいて、夜のおかずのメインに変身させています。2、3種類の組み合わせで料亭の一品みたいに美味しくできますよ。

今回は「カジキマグロと素麺のひんやり鉢」の作り方をご紹介します。茹でる時に火を使いますが、後は簡単。全部を冷たくするのでさっぱりといただけますよ。

材料 (3人分)

  • カジキマグロ.....3切れ
  • 素麺(残りもの).....適宜
  • しめじ.....80g
  • オクラ.....6個
  • 麺つゆ(市販).....かけつゆの濃さで300ml
  • 大葉.....適宜(なくてもよい)
  • 塩・片栗粉.....少々

「カジキマグロと素麺のひんやり鉢」の作り方

STEP1:魚をひと口大に切り、片栗粉をまぶして茹でる

食べやすい大きさに魚を切り、塩少々して片栗粉をうすくまぶしてから熱湯でゆでます。

片栗粉をまぶすことで魚の味を閉じ込め、つゆを絡み易くします。

火が通ったらざるなどにあげて水気を切ります。鍋の熱湯はそのままにしておきます。

STEP2:しめじを洗って適当に分け、さっとゆでる

STEP1で使った熱湯に、1分くらいつけるだけでOKです。魚の生臭さが気になる場合はラップに包んで電子レンジで加熱してもかまいません。

STEP3:オクラはさっと塩でもんで産毛を取り、ラップをして電子レンジで30秒ほど加熱

すぐに水にさらして色どりよくしましょう。

STEP4:粗熱が取れた魚としめじ、オクラを冷蔵庫で冷やす

密封容器などに入れて冷蔵庫で30分ほど冷やします。

急ぐ時は魚を氷水にさっとくぐらせると速く冷めます。

STEP5: つゆを作る

めんつゆを冷たい水で適当な濃さに薄めます。冷たい水がなければ氷などを使ってその分水の量を減らせば大丈夫です。

完成!

鉢に水気を切った素麺、魚、しめじ、オクラを盛り付け、つゆをかけて大葉を散らせば出来上がり!

魚は白身魚や生鮭、あるいは鳥胸肉でもおいしいです。大葉の代わりにおろし生姜でいただくのもさっぱりします。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。