\ フォローしてね /

wwの意味と使い方

このライフレシピのもくじたたむ

最近ではSNSやネット環境の発達により、そんなに興味がなくても「オワコン」「ステマ」などと言ったネット用語を目にする機会も増えましたよね。

「wwwwww」って表記、ネット上の掲示板などを見てると、よく見かけませんか?返信が「www」で終わっているなんてこともしばしばで、何だろうと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

また、意味を知っていても、なかなか使う場面が分からず、「使ってみたいんだけど・・・」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、「w」、或いは「wwwww」の意味・由来、用例を紹介します。使い方だけ知りたい方は意味・由来に関しては読み飛ばしてもいいですね。

「w」の意味・由来

「w」は元々は、「笑い」から来ています。「笑い」→「わら」→「wara」→「w」と、チャットなどが盛んだった頃に、よりリアルタイムで感情を表現するために簡略化されたようです。

実際には、「(笑)」よりも、「w」の方が相手を小馬鹿にしているような感情を表しているようです。

「wwwwwwwwwwwww」のように、たくさん書いて大笑いの様子を表すこともあり、「w」が雑草・芝生などに似ていることから、一般に「草をはやす」などと表現されることがあります。

また、「草を生やす」という表現から、冒頭の画像のように、「廿匁」(牛の絵をイメージ)を書き足す場合があります。

現在はより一般化してきて、普通の「笑い」という意味で使われることが多くなってきました。

ネット・パソコンに精通している人の一部では、「ww」という書き方をされると、馬鹿にされていると感じ、不快感を覚える方もいらっしゃる様ですから、若干の注意が必要です。

「w」の用例

  • 用例1:

A「今日電柱に衝突しちゃったんだよー・・・。」
B「ばーかwwwwwwwwwwどこみてんだよwwww」

  • 用例2:

A「母ちゃんにHなDVD見つかった・・・。」
B「(人生)終わったなwwww」

  • 用例3:

(おもしろい動画などを見て)
「フイタwwwwww」(コーヒーなどの飲み物を吹き出すほど笑った、という意味。)

おわりに

おわかりいただけたでしょうか。他に、自虐ネタなどの場合にも使われます。

(イラスト by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。