1. 料理
    2. 成り行き任せのウチごはん「アルモンデ定食」

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    成り行き任せのウチごはん「アルモンデ定食」

    メニューを決めずに作り始める「アルモンデ定食」

    (写真は、味付鳥肉と生ピーマンのアルモンデ定食)

    我が家では、メニューを決めずにいきなり作り始め、成り行きで仕上げたおかずでご飯を食べることが多々あります。

    そんなご飯を「アルモンデ定食」と呼んでいます。有るモンで作るから、アルモンデ。

    メニューを決めずにとりあえず肉を焼き、5秒で野菜を選び、5秒で調理法を選び、味をつけてしまいます

    たまにはメニューに迷わずに夕食をラクにつくりませんか?

    用意するもの

    用具

    • 鍋(焦げ付き防止加工のもの)
    • 鍋のフタ(蒸す時だけ必要)

    材料(1人分)

    • 肉1種類(小間切れが便利):80~100g

    ソーセージなど肉加工品、かまぼこなど練り製品、厚揚げも使えます。その場合は卵Lサイズ1個分の量のイメージで。

    • 野菜1種類:肉よりやや多め

    茎のある葉野菜の場合:店で売られている一把の半量
    大きな葉の野菜:手のひら大を1枚から2枚
    その他の野菜:ジャガイモ中一個程度

    • 調味料:なんでもOK(全ての調味料が味方です)

    • 白いご飯(あれば)

    アルモンデ定食の作り方

    基本的な流れ:肉を焼く→野菜を切る→調理法を選ぶ→味を付ける、が基本です。

    STEP1 肉を決めて焼く

    何を作ろうかとは思わずに、すぐ焼き始めます。中火、できれば油を使わずに焼き付けます。

    STEP2 5秒で野菜を選び、薄く切る

    野菜は肉の焼ける間に5秒で選びます。その後、野菜を薄く切ります。

    基本は千切り、薄切りですが、カボチャのような固い野菜・トマトのような柔らかい野菜は厚さ5~8mm程度。「フリスク」のケースくらいの厚さが目安

    STEP3 5秒で調理法を決める

    炒める、煮る、蒸す、生で添えるの4種類から「野菜を見て」5秒で選びます。迷ったら炒めます。

    炒める場合

    • 肉と一緒に火が通るまで炒めます。(先に焼いた肉に油分が無い時は、ここで少量足して炒めます)→STEP5へ

    煮る場合

    野菜と肉をうまみ調味料(またはめんつゆ)と水で煮ます。水の量はマグカップ1杯分。

    • 野菜が柔らかくなるまで煮込んだらSTEP5
    • めんつゆで煮た場合は、STEP6

    蒸す場合

    • (1) 肉だけを調味料で味付けする(調味料の選び方はSTEP5参照)
    • (2) 鍋が熱いうちに野菜を肉の上にかぶせるようにのせ、カレースプーン3杯の水を加え中火にかける
    • (3) ゆっくり10数えて弱火にし、野菜に軽く火が通れば仕上がり。好みでドレッシングや、ポン酢、焼肉のたれなどの「つけだれ」を添えます。→STEP6へ

    生で添える場合

    • (1) 肉だけを調味料で味付けする(調味料の選び方はSTEP5参照)
    • (2) 肉を盛りつけた後、野菜を上にのせる(写真参照)

    好みで「つけだれ」を添えます。→STEP6へ

    STEP5 メインの味付けをする(炒める、蒸す、生で添えるの場合)

    「味がハッキリしているもの」でメインの味付けをしましょう。塩や醤油、味噌などのスタンダードなものから、ドレッシングやめんつゆ、ポン酢などの「つけだれ」も使えます。ピンと来たものを迷わず使います。調味料の量は、「もしも目玉焼きに味付けするとしたらこれくらい」の1.5倍から試して下さい。

    STEP6 ひと味を加える

    好みのもので味を調えます。

    • うまみを足す:顆粒スープの素、ダシの素

    何か物足りないなというときに。

    • 酸味を足す:酢、レモンなど

    さっぱり仕上げたい時や、疲れている時に。

    • アクセントを付ける:香辛料、ハーブなど

    薄味を引き立てることも出来ます。

    完成!

    写真は豚こま肉とカボチャのアルモンデ定食です。豚こま肉を焼き、かぼちゃとにんじんを薄切りにして炒め、味噌と具入りラー油で味付けました。

    飽きないコツ

    • 昨日とは2カ所変える
    • レシピサイトで調味の組み合わせを学ぶ

    ひと味を決めるヒント(一例)

    • 味噌メイン+砂糖+ショウガ+醤油少々 味噌と合わせて少量の水で溶くと具材と混ざりやすい
    • 醤油メイン+顆粒スープ+コショウ+ニンニクすりおろし=ラーメン風味
    • 醤油メイン+顆粒スープの素(ティースプーン1杯)+ショウガ+ニンニク+100%パインジュース(一口飲む量)=フルーティ中華 先にパインジュースを加えると肉が軟らかくなる
    • 塩メイン+コショウ+顆粒スープ+チーズ+牛乳=ミルク煮込

    参考図書:「すごいやり方」(大橋禅太郎・倉園佳三 ISBN4-594-04332-1)

    この本は料理書ではありませんが、「5秒で判断する」という考え方は、この本に由来しています。パッパと判断、サササと作れると、ストレス解消にもなりますよ!

    Twitterで紹介!

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人