1. 料理
    2. 5分でできる、簡単美味しい自家製なめたけの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    5分でできる、簡単美味しい自家製なめたけの作り方

    5分もあれば簡単にできる、美味しい自家製なめたけを作ってみませんか?

    あると何かと便利な、なめたけ。暑い季節は冷や奴やそうめんの具材に、大活躍。この他にも、美味しいレシピには事欠きません。

    買うとそこそこの値段がしますが、自家製でつくれば安くあがります。私は今回は近くのスーパーで、えのきを2袋98円で購入できたので、100円未満で完成!

    みなさんも安い時にまとめ買いをして、たっぷり作り置きをしてみてくださいね。

    材料 (市販のものの2瓶くらいの量)

    • えのき・・・2袋
    • 3倍濃縮のめんつゆ・・・50cc
    • 水・・・50cc

    自家製なめたけの作り方

    STEP1: えのきを適当な大きさに切ります。

    えのきは下の食べられない部分を落としてから、長さを二等分にします。

    えのきは袋をよく見ると、二色に分かれている場合が多くあります。これは、食べられる部分と食べられない部分の目印。ぜひ参考にしてみてください。

    STEP2: えのき、めんつゆ、水を鍋に入れて火にかけます。

    STEP3: 周りがふつふつしてきたら、えのきと汁を混ぜ合わせます。

    すぐに火が通ります。鍋を火にかけたらコンロから離れずに見張っておきましょう。

    えのきに汁を絡めるようなイメージで、混ぜあわせます。

    STEP4: えのきに火が通ったら、完成です。

    STEP5: 荒熱が冷めたら、密閉容器に入れて冷蔵庫で保管します。

    荒熱が冷める前に冷蔵庫で保管してしまうと、冷蔵庫の故障の原因にもなります。また、冷める前に冷蔵庫に入れてしまうと、冷やすために冷蔵庫がフル稼働しなくてはならなくなり、余計な電気代が発生してしまいます。

    荒熱をきちんと冷ましてから冷蔵庫で保管することは、冷蔵庫の故障を未然に防ぎ、節電対策にも繋がるのです!

    あっという間に、完成しました!

    簡単便利ななめたけレシピ

    • ごはんにそのまま乗せて。+たまごで、ぷちリッチな卵かけごはんの完成です!

    • 冷や奴に乗せて。ネギやかつおぶし、ごまをプラスすると風味もさらにアップします!

    • そうめんの具材に。

    • 炊き込みごはんに。作り方はいたって簡単。洗ったお米に、なめたけとシーチキンを加えて炊飯するだけ。暑い夏場で食欲がない季節でもお箸が止まらない、おいしい炊き込みご飯の出来上がりです。

    難しいことなど一切ない、あっという間にできる簡単レシピなので、ぜひ皆さんもお試しくださいね!

    (Photo by ファーニ)

    このライフレシピを書いた人