\ フォローしてね /

もう迷わない!どれを買おうか悩んだときに商品を数値化して選ぶ方法

このライフレシピのもくじたたむ

「あーパソコン欲しいな…でもテレビも…」とか、「携帯買い換えたいけど、ゲームソフトも欲しいな」とか、人生常に選択。

とかく物を買うときには選択だらけです。そんなときに、会計の考えである「減価償却」の発想を元に選択をしてみてはいかがでしょう?という話です。

貯金もしたい場合はこちらのレシピとを一緒に使うと便利です。
物欲が多すぎる貴方の為に「貯金をする方法」

方法

今回は仮に、以下の3つのうちどれにしようか悩んでいる人がいると仮定して話を進めます。

  • 携帯電話購入(機種変更)
  • ゲームソフトを買う
  • 服(ジャケット)を買う

1.悩んだ商品それぞれの価格を出す

大概この時点でいくらぐらいお金がかかるものなのかは想像がついているはずです。その価格を出して見ましょう。

  • 携帯電話購入:40,000円(月賦分合算)
  • ゲームソフト:7,800円
  • 服を買う:14,800円

2.どのぐらい利用するかを考える

出した価格に対して、どのぐらい楽しめる/使えるかを考えて、横に書いてください。

  • 携帯電話購入:40,000円(1年間)
  • ゲームソフト:7,800円(2週間)
  • 服を買う:14,800円(定期的に着るが、実質3ヶ月間)

3.割り算をする

これを1日単位なり、時間単位なり、時間単位で割ってみてください。

  • 携帯電話購入:40000円 / 365=110円
  • ゲームソフト:7800円 / 14=557円
  • 服を買う:14800円(定期的に着るが、実質3ヶ月間)=164円

これが、各商品に対してあなたが1日当たりに払う利用料金になります。

商品を買ったら、この価格を毎日払っていると思ってください。この対価を払っても欲しい!と思ったものだけ買いましょう。

欲しいものの価格を使用期間で割った値=商品の1日当たり利用額

応用

この考えは、減価償却の考えをヒントに作っています。

減価償却とは、長期間にわたって使用される固定資産の取得(設備投資)に要した支出を、その資産が使用できる期間にわたって費用配分する方法。(出典:Wikipedia

これを例えば耐用年数比較等に用いると便利です。

・例:「ノートパソコン」と「ネットブック」

上記の場合、ノートパソコンはネットブック(安価で小型軽量で簡便なノートパソコン)に比べて高いですが、使い方によりますがネットブックのほうが壊れやすいという特徴があります。

「安かろう悪かろう」ということを数値を持って考えることができます。

高いが良い商品、安いが程度の悪い商品との比較などにも利用可能です。

最後に

減価償却の考え方は物の「価値」を分割して考えることです。ただしすべてを単純に考えないでください。

例えば旅行。旅行は1泊でも2万円とか3万円とかすることもあります。減価償却の考えでいくと恐らく高い部類になってしまいます…。

しかし、旅行には行った後の「余韻」や、楽しかった「思い出」、思わぬハプニングなど、様々な要因があります。単純に「旅行日数」で分割しないで、こんなことも考慮に入れてくださいね。

(Photo by 足成)

ちょっと高い買い物に悩んだら、こちらもチェック!
[https://nanapi.jp/ja/2130]
[https://nanapi.jp/ja/13469]
このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。