\ フォローしてね /

美味しいコーヒーの淹れ方―メリタ編―

このライフレシピのもくじたたむ

コーヒーを淹れるとき、どのような器具を使っていますか?

今回はメリタ(穴の1つ空いたもの)を使ったときの美味しいコーヒーの淹れ方をご紹介します♪

準備

お湯を沸かしている間に、フィルターペーパーをセットし、粉を入れましょう!

STEP1

フィルターペーパーは互い違いに折り、広げてセットします。

STEP2

粉を入れる前にメリタのコーヒーフィルターに注目!

1×○と書いてあると思います。この○の数字がそのフィルターで入れられるコーヒーの最大量です。

STEP3

粉を入れましょう。メリタのメジャースプーンを使って粉を入れます。すり切り一杯(8g)が1として、その2にある○の杯数入れられます。

ちょっと入れたいときは1杯、たくさん入れたいときは○杯というようにお好みで粉を入れてください。

そして粉を入れた後、メジャースプーンの底を使って少し粉に窪みを作りましょう。

粉の挽き具合も大切です。お店でコーヒー豆を挽いてもらう時に「メリタを使っています」と伝えると、最適な挽き方をしてもらえます

お湯が沸いたら…

すぐに注いではいけません!コーヒーをたてるのに最適な温度(約95℃)にしましょう。お湯が沸騰したら火からおろし、約1分待つとちょうどいい温度になると言われています。

STEP1

沸騰したお湯を1分置いたら、粉全体ではなく、先ほど作った粉の窪みに少しだけお湯を入れます。

新鮮な粉ならここでふわっと膨らんできます。お湯を入れてから約30秒蒸らしましょう。

フィルターにお湯が染み込まない位がベストですが、これは結構難しいので慣れてきたら挑戦してみましょう

STEP2

粉を蒸らしたら、いよいよお湯を注いでいきます。ここでポイントになるのが、お湯を細く、くるくる入れるということです。

お湯を注ぐときは出来るだけ細く時間をかけてゆっくり入れます。お湯は中心から外側へ、くるくると回し入れていきます。

お湯の量は、コーヒーフィルターに注目!

粉を計量スプーンで1杯入れたなら1と表示されているところまで、○杯入れたなら、コーヒーフィルターのギザギザのなくなっている所まで入れます。

コーヒーポットを使うとお湯を簡単に細く注げますので、頻繁にコーヒーを入れる方は用意するのをおすすめします

STEP3

お湯を入れ終わったら、コーヒーが落ちきるまでのんびり待ちます。

このときに、グラスポットやコーヒーフィルターに振動を与えないようにしましょう。コーヒーが落ちきったときにフィルターペーパーに均等に粉が付いている状態が理想的です。

落ちるのを待つ間に、コーヒーカップを残りのお湯で温めたりすると、カップに入れたときに冷まさず温かいコーヒーを楽しむ事が出来ます

おわりに

使っている器具に合った方法で淹れることで、美味しいコーヒーが楽しめます。

ぜひ、試してみてくださいね♪

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。