1. 暮らし
    2. 着なくなった服・いらない服を寄付する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    着なくなった服・いらない服を寄付する方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    着なくなった服、でも捨てるのはもったいない。もしかしたら、また着るかもしれない・・・

    そう思っていつまでも処分できない服、家に眠っていませんか?捨てるのがもったいないなら「寄付」してみてはどうでしょうか。

    今は東北の震災で被災された方への寄付もありますが、今回は継続して寄付できる海外への寄付をご紹介します。

    用意するもの

    • ダンボール箱
    • 着なくなった服

    やり方

    STEP1 寄付する団体選び

    まずは寄付する団体を決めましょう。団体によって「衣料だけ」「雑貨もOK」など受け入れているモノが様々です。

    HPなどをよく読んで「ちゃんと活動している」団体を選びましょう。

    寄付を受け入れている団体の注意事項をよく読みましょう。
    ルールを無視するとただの迷惑になってしまいます。
    服の寄付を受け入れている団体を一部ご紹介します。
    日本救済衣料センター
    AAAアジア&アフリカ
    さくらプロジェクト
    NGOリサイクル環境組合

    STEP2 寄付する服を選ぶ

    服ならなんでもOKというわけではありません。「友達にあげられるような服」「他の人が着られる服」を選びましょう。

    もちろん送る際は洗濯をしましょう。

    ボロボロだったり汚れがひどいなど、着られない服、使えないものはやめましょう。

    STEP3 箱詰め&配送

    集めた服をダンボールに詰めて送りましょう。寄付ですから基本的に配送料は元払いです。ここは小さいことは言わずに送りましょう!

    おわりに

    確かに服はリサイクルショップなどで売ることもできます。でも「寄付」という選択をすることでメンタル面で心の洗濯になるように思います。

    団体によっては、ただ先方に送りつけているだけで先方の迷惑になっている所もあるようですが、しっかり運営している団体は「相手のことを考えて」活動をしています。

    こうして寄付した服は周りまわって新しい服となって、あなたのところへ戻って来るはずです。ぜひ一度お試しください。

    (photo by http://www.ashinari.com/2009/06/07-021829.php

    このライフレシピを書いた人