\ フォローしてね /

英語の長文の勉強のポイント

はじめに

英語を日本の学校で勉強する上では、長文を避けて通ることはできません。かと言っても、私も長文が苦手なのですが、人並みに読むために以下のことを気にして読んでいます。

英語長文の勉強ポイント

その1:単語をしっかりと覚える

私自身、英語を読むのに、知らない単語がたくさん出て来て、全く読めなかったということがありました。なので、語彙は豊富にしておけば、困らないと思います。

単語を勉強するのにあたっては、主語と述語がしっかりしている短文が掲載されている単語集で勉強をすれば良いと思います。私は大学受験の勉強にあたっては、「桐原書店 データベース4500・5500」を使用していました。

その2:ネイティブになりきる

ネイティブのように、読むことを意識して、私は勉強のときに読んでいました。ネイティブのようにというのは、"文法の解釈をすることなく、左からなるべく戻らないように"ということです。

その結果、苦手な長文が人並にできるようになりました。

その3:文法は抜けがないように

文法は長文にとって、いらないと思っても、ネイティブのように、自然に英語を身につけた訳ではないので、やはり、文法は必要です。

意識して読めば、どのような感じで文法が文で使用されているのがわかると思います。わからなければ、右から読んでください。

その4:ひたすら繰り返す

いきなり難しい文章を読みまくっても、歯が立たないと思います。段階的に簡単なものから、徐々に難しいもの、長いもの、わからない単語が多い文章を読んでいきましょう。

おわりに

自分自身、このような感じでやってきましたが、英語は本当に難しいです。皆様のご健闘をお祈りします!

(photo by http://www.ashinari.com/2011/09/20-350484.php)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。