1. コミュニケーション
    2. 嫌われない先輩になるための15のチェック項目

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    嫌われない先輩になるための15のチェック項目

    会社という組織で働く皆さん、ほとんどの方に先輩がいますよね。好きな先輩もいれば、嫌いな先輩もいませんか?

    しかし、自分も誰かの「先輩」です。入社2年目からは後輩ができます。あなたは、後輩から好かれている自信はありますか?もしかして、嫌われているかも…と感じていませんか?

    今回は、「こんな先輩は嫌われる」行動をご紹介します。嫌われないためには、もしも当てはまる自分の行動があれば今すぐ見直しましょう!

    こんな先輩、嫌われる(当てはまったら注意!)

    1:あいさつを返さない

    無視したり、ずさんな返事をすると、二度とあいさつしてくれなるかもしれません。

    2:指示をこまめに出さない

    わかる前提で話していませんか?言いっぱなしになっていませんか?

    3:飲み会をダラダラ続けて、終わりの時間が決まらない

    自分の愚痴や話を聞かせるために、ひたすら後輩を巻き込んでいませんか?

    4:日々の業務の意味や目的をきちんと説明しない

    荒い指示の出し方や放置をしていませんか?仕事を投げっぱなしにしていませんか?

    5:「ゆとり世代」とレッテルをはる

    とりあえず、「ゆとりだから」とひとくくりにしていませんか?

    6:カラオケや一発芸の強要をする

    ネタ披露ができないのにムチャぶりをしていませんか?

    7:「1度教えたでしょう」という態度で接する

    人をバカにした態度をしていませんか?1度では理解できないこともあるのです。

    8:情報を共有しない

    社内の情報や、知っておく必要のある情報をきちんと伝えていますか?怠慢やいじわるで情報をシャットアウトさせていませんか?

    9:先輩同士の悪口をふきこむ

    人間として上司として、悪口を言うのは最悪ですよね。誰を信じていいのかわからなくなります。

    10:「昔は~」と過去と比較する

    いつの時代も「今時の子は」と比較する人がいます。時代も世代も変わるので、比較しても仕方ありません。

    11:プライベートを詮索する

    家庭のことや、学歴のことなど根堀葉堀聞いていませんか?度を超えると、セクハラになる可能性もあります。

    12:しかるとき、遠慮してしかる

    後輩は愛のムチをいといません。遠慮してしかることで、お互い拍子抜けしてしまいます。指摘する点は、しっかり指摘しましょう。

    13:職場行事の参加を強要する

    職場行事が自由参加の場合、しつこく強制勧誘するのはやめましょう。無理やり誘われて行く行事など誰も楽しくありません。

    14:間違ったときに認めない

    上司でも先輩でも、間違ったことは素直に認めましょう。「間違っても認めない人」というレッテルをはられて信用がなくなります。

    15:機嫌が悪い時に口調が荒くなる

    仕事がうまくいかなかったときに、後輩に八つ当たりしていませんか?後輩は怯えてしまって、上手に話が聞けなくなってしまいます。

    おわりに

    先輩の背中を見て成長する後輩・新入社員たちの信用を失墜させてしまう方法でした。逆に言うと、最低限上記をしなければ、後輩・新入社員に嫌われないということです。自分を振り返ってみて、反省点があれば、今すぐなおして、あこがれの先輩に近づきましょう!

    逆に「後輩」なあなたは大丈夫?こちらもどうぞ。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人