\ フォローしてね /

出来る限り「大家に近い物件」を探す方法

賃貸をする時のコツにはいろいろありますが、その中でもアルバイト先で教わった、いい賃貸物件をゲットするテクニックを紹介します。

賃貸の取引態様をチェックする

賃貸物件の基本的な流れは、下記のような感じです。

この上流に行けばいくほど

  • 最新の情報が早く手に入る
  • 大家とのコミュニケーションがとりやすい

などといった利点があります。つまり、なるべく大家に近い人と取引をするのがメリットとなります。

そこで狙うのが「不動産屋で管理・所持している物件」です。

不動産屋で管理・所持している物件って?

Webや不動産屋に貼ってある物件情報に載っている「取引態様」が

  • 専任媒介
  • 専属専任媒介
  • 貸主

などの物件がこれにあたります。

取引態様とは、土地や建物など、不動産取引における宅建業者(不動産屋など)の立場を示したものです。

これらの物件を狙って賃貸を探すのが、いい物件を探すコツです。

たとえば、賃貸が探せる「HOME'S」では、物件情報の下のほうにある情報を見れば、取引様態が書いてあります。

補足

また、

こういった業界団体の名簿で、住みたい地域にある不動産屋にあたってみるのも有効です。

(image by http://www.ashinari.com/2008/07/17-005437.php)
(image by 筆者)

物件探しのコツはこちらもチェック!
[https://nanapi.jp/ja/12698]
一人暮らし「お部屋探し」のコツ(ちょっとした疑問編)
[https://nanapi.jp/ja/24583]
このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。