\ フォローしてね /

ワインを急いで冷やす2つの方法

白ワインやシャンパンなどをなるべく早く冷やす方法をご紹介します。

飲みたい銘柄のワインがあったのはいいけど冷えてない、でも、帰って今すぐ飲みたい!という時におすすめの2つの方法です。

その1:濡れた紙・タオルにくるんで冷凍室に入れる

新聞紙やふきんを軽く水で濡らし、ボトルをくるみます。そのまま冷凍室に入れるだけ。

薄い水の膜が急激に冷えて、それがボトルに伝わるため、普通に冷凍室に入れておくよりも早く冷えます。15分位である程度飲める温度まで下がります。

もう少し冷やしたいところですが…もう飲んでしまえばいいと思います。もっと冷やしたい方は2の方法もプラスしましょう。

冷凍室に入れたまま、忘れてしまうと大変なことになります!凍って不味くなるだけでなく、シャンパンなどの場合、炭酸のせいでガラスのビンが破裂でもしたら…!気をつけてください!

その2:飲みながらさらにワインクーラーで冷やす

お洒落で高いワインクーラーもたくさんありますが、要は「氷水をいっぱい入れたバケツ」ですので、大きなボウルなどに氷水をいれてボトルごと突っ込んでおけばOKです。

ワインクーラーの周りは水滴がつくので、下にふきんやタオルを敷いておきましょう。

高級なシャンパンや白ワインは冷やしすぎずに飲むほうがいい、買ってきてから数日寝かせて泡が落ち着いてから飲むべし、などウンチクは色々ありますが、あくまでデイリーワインの話なので、気にせずガンガン冷やして飲みましょう。

番外編

ワインの冷やし方について、ネタをひとつ。ソムリエ試験問題にこんな問題が出たという噂です。

問題

グラスシャンパンを注文したお客様がいましたが、冷えたものがありませんでした、さて、どうやって急ぎで冷やしますか?

さて、どうでしょうか?「謝る」「別の銘柄をサーブする」「近くの酒屋に買いに行く」「冷凍室に入れてる間にトークでごまかす」「氷水・ドライアイスを使う」などの答えがあったようですが、

正解

常温のまま、シャンパングラスに注いで、グラスごと氷水に入れて冷やす

だったとか。豆知識として知っておくとどこかで使えるかもしれません。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。