\ フォローしてね /

「もやい結び」のやり方:ロープ結び(動画あり)

「もやい結び」とは、輪を作る結び方です。輪の大きさが変わらないので、様々な用途があります。船を岸につないでおいたり、バケツや梯子を上げ下げさせるときなどに使います。

自然に解けにくく、簡単に結べて使い勝手が良いので「結び目の王様(キング・オブ・ノット)」と呼ばれることもあります。
強度はあまり強くありませんので、重量のあるものには向きません。

やり方(動画)

やり方(テキスト)

STEP1

ロープを重ねて輪を作ります。

この時点で輪の大きさが決まります。

STEP2

ロープの先端を作った輪に通します。

STEP3

先端をもう一方の固定してある端の下にくぐらせます。

STEP4

最初に作った輪に先端を再度通し、両端を引っ張ります。

STEP5

写真のような状態になれば完成です。

その他の結び方

(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。