\ フォローしてね /

まともに値引き交渉すると馬鹿を見る。新車を大幅値引きで買う裏ワザ

元新車営業マンが教える、新車値引きの裏ワザ

こんな経験ありませんか?

雑誌やネットでよく見る新車値引きの体験談。

「新型プリウス50万円値引きに成功しました!」

これを見たあなたは、

「そんなに値引きが可能なんだ。よし自分も頑張るぞ!」

と思い、意気揚々と値引き交渉に挑みます。

しかし実際は雑誌で見た値引き価格とは程遠い数字が・・・。

実はこれにはからくりがあるのです。

大幅値引きを引き出している人の共通点とは?

結論から言いますと、大幅値引きに成功している人たちには、ある共通点があります。

それは下取車があるということです。

実は下取車というのは、車屋にとって新車を一台売るよりも利益が出るものになっているのです

つまり、下取車があるお客さんは、大幅値引きを提示してでも獲得したいお客様なのです。

例えばあなたの下取車の本来の価格100万円、
営業マンから提示された下取価格50万円。

この時点で車屋は50万円の利益を確保しています。

そのため、新車の値引き額を、余分に10万円上乗せしたところで、全く問題がないのです。

「でも、自分の場合、下取価格を通常よりもUPしてくれたよ」
と勘違いされている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし多くの場合、営業マンの話術に乗せられている場合がほとんどです。

営業:「本来40万円の価格しかつかないのですが(ここで資料を提示)、本日は特別に50万円にさせていただきます」

これはまさに営業マンの常套句なのです。

まず最初にすべきことは?

あなたが下取車があるのならば、まず最初にすべきことは、自分の下取車の適正価格を知ることです。

これは車の見積もりを取る前に行っておくべきです。

「でも、どうやって適正価格を調べればいいの?」

そう疑問に思うかも知れません。

しかし今はネットのあるサービスを使うことで、簡単に調べることが可能です。

それは、車の無料一括査定です。

この無料一括査定に申し込むと、一度に複数の業者から買取価格の提示があります。

この一度に複数の業者から、というところがミソです。

つまり業者側から見ると、あらかじめ競合がいることが分かっていますから、サバを読んだ数字ではなく、最初から高値を提示してくるからです

これにより、あなたは自分の下取車の適正価格を知ることが可能になります。

この価格を頭に入れてから、新車や中古車の営業マンと値引き交渉に挑んでください。

もちろん下取車の価格はこちらから言う必要は一切ありません。

相手から価格を提示してもらい、向こうがどのぐらいサバを読んでいるのか確認してから交渉しましょう。

それだけで、一気に交渉の主導権が握れることは間違いありませんよ。

★車の一括無料査定のお勧めは安心できる業者のみが参加しているカービューがお勧めです。

無料で利用できる一括査定サイト>>カービュー

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。