\ フォローしてね /

アウトドアの時に絶対外せないロープの結び方5つ+α(動画あり)

「ロープを結ぶ」といえば、やっぱりアウトドアですよね!特にキャンプや登山などでは必須の技術です。

これからアウトドアを始める方にはもちろん、あまりアウトドアに縁が無い方でも、もしものときに備えて覚えておいて損はありません!

そこで、アウトドアやサバイバルにおいて基本中の基本であるロープの結び方をご紹介します。

基本中の基本

8の字結び

ロープを引っ張るときの握り手や、ロープが穴から抜けないようにするためのコブを作る結び方です。他にも縄はしごを作るなど、おろいろな場面で使うことができます。

何かを結び付けるときに使う2つ

自在結び

「張り網結び」とも呼び、アウトドアでテントの張り網を固定するときなどに使います。

中間者結び

「バタフライ・ノット」とも呼び、ロープの中ほどに固定した輪つくる結び方です。ロープを張って小物をぶら下げたり、登山において複数人の体を結び合うときに使います。

棒状のものを縛るときに使う2つ

角縛り

直角に交差した2本の棒を縛る結び方です。テーブルやイス、垣根、柵などを作る際に使います。

はさみ縛り(2本)

2本または3本の棒を斜めに縛る結び方です。垣根や柵、骨組みなどを作る際に使います。ここでは2本の棒を縛る結び方をご紹介します。

あわせて覚えておきたい

上記の5つはもちろんですが、基本的なロープの結び方も一緒に覚えておけば、大抵のことでは困らないはずです!

というわけで

アウトドアで使える結び方をご紹介しました。

使う機会は滅多にないかもしれませんが、必要なときにすんなり結べると心強いですね!

(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。