1. 趣味
    2. 新聞紙で簡単&楽しく子供と遊ぶ方法(キャッチボールごっこ編)

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    新聞紙で簡単&楽しく子供と遊ぶ方法(キャッチボールごっこ編)

    このライフレシピのもくじたたむ

    このレシピは新聞紙で簡単&楽しく子供と遊ぶ方法(キラキラボール編)の続編として書かれています。こちらのレシピも併せてご覧ください。

    新聞紙とアルミホイルで作る【キラキラボール】はいかがでしたか?

    今回は、その続編として【キャッチボールごっこ】をご紹介します。手でボールを投げあうのも楽しいですが、道具を1つ追加して、より楽しいボール遊びをしましょう!

    用意するもの

    • 新聞紙
    • セロハンテープ
    1つのカップあたり、2枚の新聞紙を利用します。なので、参加人数の2倍の枚数の新聞紙をご用意ください。

    作り方

    とっても簡単なので、お子さまと一緒に作ってみて下さい!

    Step1: 新聞紙を筒状にする

    新聞紙2枚を重ねて、4分の1に折ります。

    長方形の短い辺同士を2センチ程度重ね、セロハンテープで留めます。

    筒状になりました!

    持ち手を作る。

    筒の片端を写真のように、絞って持ち手を作ります。

    紙の端っこ(ギザギザしているほう)を絞ると、キャッチする口がきれいになります。

    絞った根元から、セロハンテープを巻いて留めます。

    これを人数分用意する

    もちろん、2個でもいいのですが、参加する人が各自作るといいでしょう。

    小さなお子さまがいらっしゃる時は、パパ・ママが協力してあげて下さいね。

    遊び方

    グローブの代わりに、このカップをもってキャッチボールをして下さい。

    最初のうちはなかなかカップに入らなかったり、カップに入ってもボールをすぐ落してしまったりと、ちょっと難しい分楽しいです。

    ボールを投げるほうもやさしくなげて下さいね。

    カップが小さくて入らない!というお子様にはカップを大きくして作ってあげましょう。先ほど新聞紙を4分の1に折りましたが、2分の1に折って調整してあげましょう。

    おわりに

    キャッチボールにあこがれる、パパ・ママもきっと多いと思います。最初から、高い用具を買う必要はありません。まずは、身近な道具で遊びそのものが楽しいと思ってもらいましょう!

    また、古新聞を再利用することで「物を大切に使う事」「リユース」することも一緒に教えられそうですね。

    新聞紙で簡単&楽しく子供と遊ぶ方法(ゴルフごっこ編)も併せてご覧ください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人