\ フォローしてね /

ネクタイの締め方「プレーン・ノット」(動画あり)

nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
このライフレシピのもくじたたむ

これから初めてネクタイを締めるという人に、どんな襟元のシャツにも使え、どんなビジネスシーンでも活躍する最も基本の結び方「プレーン・ノット」のやり方をご紹介します。

第一印象が肝心なビジネスの場では、顔以上に身だしなみの印象が残りやすいもの。

そのため「最初は適当でも、徐々に結び方に慣れれば大丈夫」なんて甘く考えていると、周りからは一発で“だらしない人”というレッテルが貼られてしまい、イメージを回復させるのに苦労する羽目に。

ネクタイは結べるけど、いままで深く考えずに適当に結んでいたという人も要チェックですよ1

左右逆に行なっています。鏡を見ているつもりでご確認ください。

nanapi動画で解説

やり方

STEP1:ネクタイを首にかける

まずネクタイは太い方を大剣、細い方を小剣と言います2。シャツは襟(えり)を上に持ち上げて、第1ボタンまで締めておきます3

ネクタイの表面を上して、大剣が自分の左胸にくるように首にかけます。

このとき、大剣の先が小剣より30cm程度長くなるように調整しましょう。そうすると、ネクタイを結んだときにバランスの良い長さになります4

最終的なネクタイを結んだときの長さは、結びはじめの位置で決まります5

STEP2:大剣を小剣の上に重ねる

調整できたら、左側にある大剣を右側の小剣の上に交差するように重ねます。

首元からこぶし1個分くらい開けた位置で交差させましょう。バランスの良い大きさの結び目ができますよ6

STEP3:大剣を左下へ通す

右側の大剣を小剣の下に潜らせ、そのまま左下に通して流します。

STEP4:大剣を小剣の上をまたぎ右下へ

左下に流した大剣を、今度は小剣の上をまたぐようにして右側にもっていきます。

このとき、大剣と小剣の交差した部分を押さえながらループを作るようにしましょう。

STEP5:大剣を喉元に通す

大剣をそのまま右下から喉元に通します。

STEP6:大剣をループに通す

上にもっていった大剣をループに通して下にもっていきます。

STEP7:結び目を締め上げる

小剣を指でつまんで結び目を上にもっていきながら、大剣を下に引っ張ります。

結び目が喉元に到達したら形を整えましょう。

ネクタイの長さは、大剣がベルトのバックルに少しかかるくらいがベストバランスです。長すぎるとだらしなく見え、短すぎても間が抜けた印象になってしまいます。ただし、ネクタイの柄が目立つタイプだと、少し短めに調整してあげるとスッキリ見えます7

STEP8:シャツの襟を戻して完成!8

最後にシャツの襟を戻せば完成です。

大剣の裏側に付いている小剣通しと言われるブランドのタグに小剣を入れると、動いても邪魔にならずキレイに収まりますよ。

(image by nanapi編集部)

追記した箇所一覧

  • 12018年03月30日「ネクタイを正しく締めたい理由」について追記しました。
  • 22018年03月30日「ネクタイの部分名称」について追記しました。
  • 32018年03月30日「下準備」について追記しました。
  • 42018年03月30日「バランスの良い長さ」について追記しました。
  • 52018年03月30日「結びはじめの位置」について追記しました。
  • 62018年03月30日「交差させる位置」について追記しました。
  • 72018年03月30日「ネクタイの長さ」について追記しました。
  • 82018年03月30日「襟と小剣通し」について追記しました。
このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。