1. 趣味
    2. 【イラスト初心者向け】アナログイラストのためにそろえたいアイテム

    【イラスト初心者向け】アナログイラストのためにそろえたいアイテム

    イラスト初心者が手描きイラストを作成するとき、重要なのはアイテム選び。シャーペンやコピック、水彩色鉛筆など、何でもいいわけではないのです。しっかりしたアイテムを使っていれば、ペン入れのストレスも減るかもしれません。また、紙に描いた絵をパソコンのソフトで色塗りしたいときにも、輪郭抽出がスムーズになります。お店で揃えやすいアイテムばかりなので、スケッチブックにイラストをよく描く方や絵師を目指している人はぜひチェックしてみましょう。
    このライフレシピのもくじたたむ

    このレシピでは、「アナログイラストを描いてみたい」「でも、描くためには何を用意したらいいかわからない」そんなあなたのために、イラストを描くためにとりあえず揃えておきたいものを説明付きでご紹介いたします。

    掲載している写真はすべて筆者の現在使っているものですので、参考にしていただければ嬉しく思います。

    台紙

    イラストを描くには、まずは描かれる紙が必要です。大学ノートやコピー用紙にも描くことはできますが、使う画材によってはにじんで波を打ってしまったり、薄いために折れやすかったりします。

    アナログイラストを始めるのに適しているのは、スケッチブック画用紙です。この2つは簡単に手に入れられるのでオススメです。

    スケッチブック

    写真は「マルマンのスケッチブック」(サイズはB5。大学ノートと同じサイズ)で、お値段は200円くらい。文房具屋さんならだいたい置いてあります。

    有名なスケッチブックメーカーのもので、マジックの重ね塗りにもあまりヨレず、発色もきれい。絵を描くために作られたものなので、とても描きやすく、どなたにもオススメできるスケッチブックです。百円均一にもスケッチブックは売っていますが、毛羽立ちやすかったり色がにじみやすかったりするので、あまりオススメできません。

    ケント紙

    ケント紙とは紙の種類のひとつで、硬めで平らで表面はなめらか。製図用やデザイン用、原稿用紙にも使われることのある素材です。

    写真はハガキサイズにカットされたものです。これもだいたい200円くらいでした。小さいイラストやポストカードを作るのにもオススメですし、大きめのサイズでも売っていますので、普通のイラスト用に使っても良いでしょう。

    ケント紙については以下のサイトを参照することをおすすめします。その他の紙・ケント紙/紙生活

    下書きと主線

    下書きに使う道具は、鉛筆シャーペンなどの消しゴムで消せるものが良いです。

    下書き

    筆者がいつも下書きに使っているものは、写真に写っているシャーペンです。芯の太さは0.5mm、濃さは2Bです。シャーペンは色々な形や重さのものがあるので、色んな種類を使ってみて自分に合っているものを選ぶと良いでしょう。

    シャーペンや鉛筆の芯の濃さは様々ですが、Hなどのように硬すぎると紙に下書きの線が残りやすくなりますし、B4などのように濃すぎると、消しゴムで消すのが大変です。うまく消すことができなければ、黒くシミが残ってしまうときもあります。そのため
    、中間あたりの2B~HBが一番オススメです。

    消しゴムはMONOの消しゴムです。こちらも有名な消しゴムですよね。コンビニや文房具店、百円均一でも売っています。消しゴムも、硬いものは紙を傷めやすいですし、柔らかすぎるとボロボロと崩れてしまいます。そのどちらでもない安心のMONOブランドがオススメです。

    主線

    イラストの色と色の境界をはっきりさせるためにつけるのが主線。色鉛筆で色を塗る場合は、暗い色の色鉛筆や鉛筆で主線を描いたりしますが、コピックなどのマーカーで色をつける場合には、にじみづらいペンを主線に使うと良いです。

    写真の上のは「PILOTのハイテックC」。下のは「コピックのマルチライナー(黒)」。どちらも200円ほど。ハイテックはだいたいどこの文房具店でも売っていますが、マルチライナーは大型の文具店に行かないと取り扱っていないことがあります。

    後述のコピックマーカーを着色に使う場合は、マルチライナーで主線を描いておけば、にじまず綺麗に着色できます。コピックのコーナーがある文具店なら、同じコーナーに置いてあることが多いです。

    色塗り

    イラストの出来栄えを左右する色塗り。この色塗りでイラストの雰囲気がガラっとかわります。ここでは比較的使い勝手の良い色鉛筆コピックをご紹介。

    色鉛筆

    どこの文具店でも売っていて、手に入りやすく使いやすいのが色鉛筆です。写真は「トンボの色鉛筆」です。すこし硬めで、発色がきれい。色の劣化が少ないので、イラストが長持ちします。

    色鉛筆で着色すると、柔らかい印象のイラストが出来上がります。ふわふわとしたぼかしの効果にも使えるので、1セットあると多目的に使えて便利です。一緒に鉛筆削りも用意しておきましょう。

    コピック

    プロのイラストレーターにも使われているカラーマーカー、コピックです。画面上の丸いのが「コピックチャオ」で、下の太めのが「コピックスケッチ」です。

    どちらも使いやすさや色は同じですが、1本380円のコピックスケッチに対し、インクは少なめで安価な250円の入門用コピックがコピックチャオになっています。

    重ね塗りやぼかしで色んな表現ができるのが魅力のコピック。少し値段は高めですが、使いこなすことで高クオリティな作品が描けます。ハッキリした色合いのイラストを描きたい人にオススメ。

    ホワイト

    光の反射や白い枠線などを描きたいときに、上から塗るホワイト。プロの人はホワイトのインクをペンや筆につけて使いますが、それだと少し手間がかかってしまいます。お手軽簡単にホワイトを入れるなら、ボールペンタイプがオススメ。「uni-ballシグノ」というボールペンの白色です。

    お値段は1本150円。文具店や雑貨屋さんのボールペンコーナーにあります。耐水性でにじみにくいので、仕上げに便利です。

    まとめ

    台紙

    • 画用紙
    • スケッチブック
    • ケント紙

    下書き

    • 鉛筆
    • シャーペン
    • 消しゴム

    主線

    • ペン

    色塗り

    • 色鉛筆
    • コピック
    • ホワイト

    このあたりが揃っていれば、だいたい一通りのイラストは描けます。

    終わりに

    いかがでしたか?このレシピであげた画材の組み合わせは、ほんの一例ですが、初心者でも使いやすい・集めやすいということをテーマにご紹介しました。最後に、色々な画材が紹介されているサイトをご紹介します。

    長崎漫画創作団体DEPαRTURE」のコンテンツのひとつ、「漫画イラスト140字画材解説」です。短い文章で色々な画材がわかりやすく紹介されています。

    イラストの描き方や道具の選び方は、描く人の数だけ存在します。一番自分に合った画材とは、「これを使っていると楽しい!」と思えるものだと思います。慣れてきたら、色んな文具屋さんを探索して、色んな画材を試してみて、自分に合った画材を探してみてください。

    Twitterで紹介!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人