1. 暮らし
    2. 新年最初の大仕事「初詣」で失敗をしないために覚えておくべきこと

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    新年最初の大仕事「初詣」で失敗をしないために覚えておくべきこと

    標準的な2礼2拍手1礼を忘れないために

    初詣の時についつい忘れがちな参拝方法。混乱しがちですよね。ちょっとした意味づけをして忘れないようにしましょう。

    標準的な参拝作法

    賽銭箱の前からスタートする時の方法です。

    • 1:賽銭を投げ入れる
    • 2:鈴を鳴らす
    • 3:2回お辞儀をする
    • 4:お祈りをする
    • 5:2回拍手をする
    • 6:1度お辞儀をする

    という流れ。

    意外と、「あれ、お辞儀してから鈴鳴らすんだっけ?」とか「あれ、拍手ってしていいんだっけ?」など、直前になると形式的に覚えていると忘れがち。

    そこで、この流れを覚える方法をご紹介します。

    意味づけして作法を覚える

    暗記モノは意味付けするとぐっと覚え易く、思い出しやすくなります。

    そんなわけで、この作法に簡単な意味づけをして見ます。

    覚え方はこの字を覚えるだけ。

    「天地人」とだけ覚えましょう

    世の中は天と地と人で分けられる。

    人とは自分のこととして、お祈りする神様は天の神様と地の神様がいると覚えましょう。

    地の神様を呼び出す

    賽銭は賽(さい)、地の神様に呼びかけるための道具です。

    まずは自分がいる地の神様を呼び出すために、1:賽銭を投げ入れます。

    天の神様を呼び出す

    鈴(大鈴)は、天の神様に呼びかけるための道具です。

    地の神様を呼び出した後、天の神様を呼び出すために、2:鈴を鳴らします。

    呼び出した神様に敬意を表す

    自分のために来てもらった神様に対して、敬意を表するため、3:2回お辞儀をします

    両神様に対して、お祈りをささげる

    お祈りはお願い事をするのが一般的ですが、お願い事は「幸せになりますように」などと抽象的なことよりも、「結婚できますように」という具体的なお願い事の方がよいとされています。

    神様も抽象的なお願いをされて、何がその人にとって幸せか、わからないからですかね。というわけで、4:お祈りをする

    両神様に対して、感謝の意を表す

    お願い事を聴きいれてくれた神様に対して、拍手を打って、感謝の意を表すと共に、元の場所に帰ってもらいます。5:2回拍手をする

    最後に、神社に対して礼をする

    神様と自分をつなげてくれた神社に対してお礼をするために、
    お辞儀をします。6:1度お辞儀をする

    さいごに

    この覚え方は、完全にしきたりにのっとった覚え方ではありません。しかし、概ねの意味合いとして自分の中で消化することができれば、
    覚えやすくなります。

    これで来年の初詣の時に、「ああ、天地人だ」と思い出せるかもしれません。

    いつも初詣であたふたしている人はぜひ参考にしてください!

    このライフレシピを書いた人