1. 雑学
    2. 「秋の七草」を簡単に覚える方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「秋の七草」を簡単に覚える方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    はじめに

    せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ これぞ七草――という和歌もあり、よく知られているのは“春”の七草です。

    こちらはお正月明けの七草がゆに入れたりと触れる機会もあり、覚えている方も多いのではないでしょうか。

    その対にもなる“秋”の七草を簡単に覚えられる方法をご紹介します。

    おすきなふくは?

    秋の七草は「おすきなふくは(お好きな服は?)」という語呂合わせで覚えます。

    • お:女郎花(おみなえし)
    • す:薄(すすき)
    • き:桔梗(ききょう)
    • な:撫子(なでしこ)
    • ふ:藤袴(ふじばかま)
    • く:葛(くず)
    • は:萩(はぎ)

    季節の花 300|秋の七草」に秋の七草の写真が載っています。

    写真を見て、植物を思い浮かべながら覚えるとさらに覚えやすくなりますね。

    おわりに

    写真を見て、植物を思い浮かべながら覚えるとさらに覚えやすくなりますね。また、公園などに出かけて、一緒に探すのも楽しいものです。

    ちなみに、秋の七草は春の七草と違い、食べるのではなく鑑賞して楽しむものです。自然が減り、植物を見る機会もあまりなくなってしまいましたが、季節に合わせて楽しく教養をつけて、興味を広げるきっかけにしてください。

    このライフレシピを書いた人