1. 趣味
    2. 男性向け:浴衣の下着って結局必要?

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    男性向け:浴衣の下着って結局必要?

    夏、浴衣を着て花火大会や飲み会に参加してみようか、と思い立つ人も多いのではないでしょうか。

    本来、浴衣は湯上りに着るものとされ、家の近所までが着ていける範囲だというご意見もありますが、現代ではカジュアルなお出かけ着として楽しまれる方も多いと思います。

    そのときに迷うのが、汗をかくほど暑い日、浴衣の下ってなにを着ればいいの?ということ。男性の浴衣下着について、着る/着ないは好みでよいようですが、どちらがどう違うのかについてご紹介します。

    そもそも「浴衣下着」ってなに?

    いわゆる「肌襦袢」と呼ばれるもので、晒しの綿で出来ています。上下別になっているものなどもあります。

    また、「浴衣下着」として売られているものではなく、スーツの下に着るような、ランニングとステテコで代用できる方も増えています。

    浴衣下着を着る良さ

    • 地肌に直接触れないので、着崩れしにくい
    • 下着が汗を吸ってくれるので、布がへたりにくい
    • 汗じみができにくい

    浴衣下着を着ない良さ

    • 着るものが少ないぶん涼しい
    • 下着が見えていないか気にしなくていい
    • 新しくそろえる必要がない

    どっちをどう選べばいいの?

    冒頭で述べたように着る/着ないは好みでよいかと思います。

    また、昔ながらの「粋」を尊重し「浴衣のときに下着なんて!」とこだわりがある方もいらっしゃいますが、下着を着ることで汗じみを防いだり、足さばきのもたつきによる歩きにくさを解消してくれるなどメリットもたくさんあります。

    その日の暑さ、自分の着心地や手持ちの下着と相談し、お出かけの際に参考にしていただければ幸いです。

    おわりに

    下着を着る・着ないに関わらず、着た後の浴衣は湿気や体温を吸っています。脱いだらすぐに干し、じゅうぶん風を通して湿気と体温をとってから仕舞うようにご注意くださいね。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人