\ フォローしてね /

ネクタイの締め方の動画まとめ:基本形5つ+応用形6つ

このライフレシピのもくじたたむ

「ネクタイの結び方がわからない…」「本などで図解を見たけどピンとこない」「卒業式・結婚式などいざという時にネクタイの結び方がわからない」

など、ネクタイの結び方に関する悩みを持っている方は多いと思います。そこで今回は、数あるネクタイの結び方のうち、よく使われるものを動画でご紹介します!

基本の5つ

ネクタイの結び方の基本の5つを紹介します。まずこのあたりが知っておけば困ることはないでしょう。

1:プレーン・ノット(フォア・イン・ハンド)

基本中の基本な結び方。最も簡単かつシンプルな結び方で、どんなネクタイやシャツにも無難に使えます。ネクタイへの負荷が低いことや、結び方が簡単なことから、多くの方に支持されています。

あまり締めすぎずに、ふんわり締めると綺麗に結べます。

2:ダブル・ノット

プレーンノットよりも結び目にボリュームがでる結び方です。プレーン・ノットでは 小剣の周りを大剣で一巻きしますが、これを二巻にするのがダブル・ノットです。結び目にボリュームがやや出る、という印象です。

3:スモール・ノット

スモール・ノットは結び目がコンパクトに仕上がる結び方です。プレーンでも結び目が大きくなってしまうような太いネクタイの時などに重宝します。

4:ウインザー・ノット

幅広でボリュームのあるノット(結び目)になります。ワイドな襟のシャツなどによく使います。

5:セミウインザー・ノット(ハーフウィンザー・ノット)

セミウインザー・ノットは、ウインザーノットをより簡略化した結び方です。ウィンザー・ノットよりも結び目のボリュームが少なくなります。正三角形の結び目がキレイに作れます。

応用編その他の結び方

他にもこんな結び方があるよ!というのを紹介します。基本編を知っているという方は是非とも挑戦してみてください!

6:ダブルクロス・ノット

7:ブラインドフォールド・ノット

8:プラッツバーグ・ノット

9:キャベンディッシュ・ノット

10:オリエンタル・ノット

11:シェルビー・ノット

(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。