1. 趣味
    2. "NOT TO BUY" リストで気持ちのいい買い物をする方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    "NOT TO BUY" リストで気持ちのいい買い物をする方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    はじめに

    買い物の失敗って、なかなか減らせないですよね。

    著者は、非常に買い物ベタなので、「買って失敗した!」という残念な経験を今までになんども繰り返してきました。

    小さな無駄遣いが多いというのもあるのですが、それよりも「これはいい!」と思って買ったのに「失敗した……」というケースが多いのです。

    そんな著者が、最近「こうすれば買い物の失敗を減らせるじゃないか!」というある方法に気づきました。

    それが「NOT TO BUY(買わないモノ)」リストです。

    やり方

    STEP1 自分の家にあるものの「だめなとこ」をあげつらう

    まずは自分の家にあるものを見回します。

    使っていないものやいらないもの、使いにくいものがありませんか?

    それらを、以下のような項目でチェックしていきます。

    • 「使えない」
    • 「使わない(使ってない)」
    • 「いらない」
    • 「汚れやすい」
    • 「傷みやすい」
    • 「壊れやすい」

    STEP2 リストをつくりましょう。

    チェックしながら、以下のようなリストをつくっていきましょう。

    以下は、実際に著者が購入して「失敗した~!」と思っているモノのリストの一部です。

    • 木で出来た家具(汚れがつきやすい)
    • 布製のバッグ(汚れやすい)
    • 高い傘(すぐなくす)
    • 今すぐ読まない本(どうせ読まない)
    • 小さいゴミ箱(結局使わない)
    • 10個いりの卵(無駄にしがち)
    • 気軽に洗濯できない服(洗濯に手間かけるのはイヤ)

    どうでしょうか? そして、リスト作りはこれからが本番です。

    STEP3 同じ理由で「NOT TO BUY」なものをさがそう!

    リストをつくっていると、次第に自分の性格もみえてきます。

    たとえば、著者は非常にずぼらなので、とにかくモノをすぐに汚したり壊したりしてしまうんです。だから、そういうものは買わないほうがいい。

    それがわかると「NOT TO BUY」リストも充実してきます。

    たとえば、著者は最近ソファが欲しいなと思っているのですが、

    • 布製のソファ(ぜったい汚す!)

    を買うのはやめておいたほうがいい、ということに気がつきました。買う前に気がつけた、これは大きな一歩です! これは、布製バッグを汚してしまったことと、木製のテーブルを汚してしまったことから気づけたことです。

    おわりに

    いかがでしたでしょうか?

    ひとりひとり、品物の扱いかたや便利さの感じ方は違うと思います。ぜひあなただけの「NOT TO BUY」リストをつくって、お気に入りのものをお買いものできるようになりましょう!

    このライフレシピを書いた人