\ フォローしてね /

裁縫の基本!縫い始めに行う「玉結び」のやり方

このライフレシピのもくじたたむ

元気よく遊ぶ子供たち。洋服のボタンが取れてしまったり、布地がちょっと破れてしまったりする。なんてことありませんか?

ちょっと破けてしまっただけで買い換えるのは経済的ではないですし、子供のお気に入りの洋服でしたら直してあげたいですよね。

今回は、お裁縫の基礎中の基礎!これが出来なきゃはじまらない「玉結び」の方法を写真付きでご紹介します!

誰でもできる!洋服ボタンの付け方の基本』も覚えておきたいお裁縫の基本です。合わせてご覧くださいね。

「玉結び」のやり方

写真を見ながら実際に手を動かしてやってみてくださいね!

STEP1:針に糸を通す

必要な長さの糸を切り、針に糸を通します。

今回は「2本どり」という糸を2重にして使う方法で解説していきます。

STEP2:人差し指に糸を巻く

STEP3:糸の端を上に持っていく

親指を使って糸の端を上へ折り上げます。そして、織り上げて交差した部分を親指でぎゅっと抑えます。

STEP4:人さし指に巻いた糸を外す

そっと、人差し指に巻いた糸(輪っかになっている部分)を外します。この時に糸の端が輪っかの中に入るようにします。

STEP5:糸の端をひっぱって完成!

先ほど作った輪っかに、糸の端が入っているのを確認して、ひっぱります。

これで「玉結び」の完成です。

おわりに

きっとみなさん、家庭科の授業で習いましたよね。でも期間が空いてしまうと忘れてしまいますよね。

いざ!お裁縫!!というときに、このレシピを見てやり方を思い出していただけたら幸いです。

(image by PIXTA)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。