\ フォローしてね /

実践編!1曲の中でのオタ芸の組み合わせ例(動画あり)

「オタ芸(ヲタ芸とも)」とは、アイドルや声優などのライブでよく行われる応援方法のことで、曲に合わせて踊ったり、掛け声をかけたりします。

オタ芸を行うことを「打つ」と言い、オタ芸を打つ人たちのことを「オタ芸師」「打ち師」と呼んだりします。

そんなオタ芸をカラオケなどで打てば、盛り上がること間違いなしですね!

他の人の迷惑となるようなオタ芸を打つのはやめましょう!最近ではオタ芸を禁止するライブもあります。注意しましょう。

オタ芸を打ってみよう!

では、実際に曲のどの部分で使えばいいかを説明します。

今回使用するオタ芸は7種類。

  • 「OAD」
  • 「PPPH」
  • 「サンダースネイク」
  • 「ロマンス」
  • 「ウホホ」
  • 「パワフル」
  • 「ケチャ」

です。

まずはサイリウムを準備

サイリウムとは、混合溶液の化学反応により発光するケミカルライトのことです。サイリウムを持つことでオタ芸の「それっぽさ」はグッと上がります。

カラオケなどでオタ芸を打つときには無くても大丈夫です。

Aメロは「OAD」

Aメロで打つオタ芸として最もポピュラーなのが「OAD(オーバーアクションドルフィン)」です。大げさな動きをすればするほど、インパクト大です。

Bメロは「PPPH」

Bメロに最適なのが「PPPH」です。リズムに合わせて「ぱん!ぱぱん!ひゅー!」とやれば、周りの人たちもつられてPPPHを打ち始めること間違いなしです。

サビは「サンダースネイク」→「ロマンス」系のコンボ

いよいよサビです。少々難易度が高くなりますが、コンボに挑戦してみましょう。

コンボが成立するのは、サビがある程度長い曲に限られます。
  • サンダースネイク

サビの前半部分で打ちます。少し難しいですが、その分印象的なので、頑張って覚えましょう。

  • ロマンス

「サンダースネイク」は「ロマンス」と組み合わせて使うのがポピュラーです。

サンダースネイクの後半部、腕をぐるぐる回すところで「そろそろいこうぜローマーンースッ」や「○○に捧げるローマーンースッ」というような掛け声をかけて、ロマンスに繋げましょう。

  • ウホホ

「ロマンス」の亜種です。ロマンスの代わりに打つと、なかなかに衝撃的です。ウホ顔を忘れずに!

  • パワフル

これも「ロマンス」の亜種です。「サンダースネイク」を打たずに「ロマンス」→「ウホホ」or「パワフル」というコンボもありです。

静かなところでは「ケチャ」

伴奏が静かなところでは「ケチャ」を打ちましょう。カラオケで打つ場合は、歌っている人の足元で打つと効果大です。

臨機応変に対応すべし!

以上がオタ芸の基本的な組み合わせ例です。

オタ芸をマスターしたら、カラオケで猛威を振るうも良し、ライブ会場で力試しをしてみるも良しです。さあ、オタ芸ライフを楽しみましょう。

(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。