\ フォローしてね /

隙間のゴミはおまかせあれ!話題の「マツイ棒」の作り方

松居一代さんが考案した「マツイ棒」を皆さんご存知でしょうか?便利な掃除道具として重宝し、掃除機では届かないようなガラス戸の隙間やほこり、窓のサッシにたまった砂埃などを取り除くことができます。金魚鉢の掃除などにも使うことのできる、かゆいところに手が届く便利な道具ですが、作り方もとても簡単で用意する道具も家にあるものでできるです。家中をキレイにして回ることのできるマツイ棒の作り方を紹介します。
このライフレシピのもくじたたむ

みなさん「マツイ棒(松居棒)」をご存知でしょうか?

「マツイ棒」とは、エッセイストの松居一代さんが考案した気軽に作れるお掃除ツールです。必要な道具は、割り箸とガーゼと輪ゴムだけ!この「マツイ棒」を使うだけで、掃除機やほうきなどが届かない隙間のゴミを簡単に取ることができます。

いつも掃除できなくて、放っておいてある「あの隙間」をこれを機にきれいにしてみてはいかがでしょう?ここではそんな「マツイ棒」の作り方を紹介します。

用意するもの

  • 割り箸(竹串、菜箸でも可)・・・1本
  • 使い古しの布(ガーゼや布巾、Tシャツなど)・・・1枚
  • 輪ゴム・・・1つ

やり方

STEP1:持ち手部分を1/4程度残し、布を巻き付ける

棒が抜けないように先端までしっかり巻きましょう。

STEP2:さらに上から輪ゴムで固定し、完成!

その上から輪ゴムを巻き付けるようにしっかり固定したら完成です。

おわりに

実際に作ってみましたか?せっかく作ったのですから、ぜひお部屋の掃除に使ってみてください。

具体的な使い方は、こちらを参考にしてみてくださいね!

Twitterで紹介!

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。