\ フォローしてね /

みりんとは?料理で使うみりんの基礎知識

「みりん」という調味料があります。日本独自の調味料です。

どんな時に使うの?

主な用途

みりんの主な用途は3つあります。

  • 甘みをつける
  • 照りをつける
  • 生臭さを取る

どんな料理に使うの?

  • 煮物
  • 照り焼き

などに使います。主に和食で使うことがほとんどです。

みりんの種類

  • 本みりん
  • みりん風調味料

があります。用途などはほとんど一緒ですが、本みりんのほうがアルコール分が14%と高く、風味があります。煮物などの場合は、本みりんがオススメです。

みりんを使う時のコツ

みりんは材料を固くする性質があります。そのため、魚の照り煮を作る時や、照り焼きに適しています。

逆に砂糖は材料を柔らかくします。

入れるタイミングとしては、砂糖と違って、最後に加えて照りとこくを出すのが一般的です。しかし、煮魚などの、煮崩れしてもらいたくないものに関しては、最初に砂糖とともに入れることもあります。

「煮きり」とは?

煮きりとは、みりんを加熱して、アルコール分を飛ばして酒臭さを消すことです。加熱が少ない料理の場合や、大量に使う場合などは、煮きりをして使ったりします。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。