1. コミュニケーション
    2. 意外と知らないテーブルマナー(食事のスピード編)

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    意外と知らないテーブルマナー(食事のスピード編)

    このライフレシピのもくじたたむ

    テーブルマナーにおいて、フォークやナイフの使い方が美しいことは確かに大事です。しかし、なにより大切なのは一緒に食べる人への思いやり

    その際、一番大事なのが、コレ、"食事のスピード"です。ではどのくらいのペースで食べるのがいいのか。

    相手に合わせる

    食事のスピードは、一緒に食べている人の食べているペースに合わせること。相手に「自分の食べるスピードが遅い!」と焦らせてはいけません。

    食べるのが早い人

    自分のペースが速いな、と思ったらワインを楽しみながら一口だけ残したりして、食事のペースを落としましょう。

    食べるのが遅い人

    逆に、自分のペースが遅いな、と思ったら、少し早めること。

    お互いに合わせあいましょう。早すぎず、遅すぎず。一つのテーブルで食べる速度が違うと、スタッフもサービスがしにくいですよね。

    とくに男性は、食べるスピードが女性より早い方が多いので、気をつけたいところ。せっかくのおいしい料理も焦った気分では味もしなくなってしまいます。

    もし、途中自分が早い事に気付かず、終わりまできてしまったら、最後の一口を残しておいて、会話を楽しんだりしながら、スピードを合わせる心遣いを。

    おわりに

    そういうさりげない心遣いこそが、一番大切なマナーかな、って思います。会話を続けながら会話を楽しみながらゆっくり頂くのが理想的。

    ナイフフォークの使い方など、形式的なマナーは完璧だけど、これが出来ていないという人は本当に多いです。

    ちょっと意識するだけで、グンと変わります。そういった気配りが無理なくさりげなくできる素敵な人になりましょう。

    (image by PAKUTASO)

    このライフレシピを書いた人