1. 料理
    2. おろし金の洗い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    おろし金の洗い方

    このライフレシピのもくじたたむ

    おろし金の洗い方を説明します。

    用意するもの

    -食器用洗い桶 - 歯ブラシ - 食器用洗剤 ##手順 ###STEP1:水に漬ける

    使ってすぐのおろし金は、水に漬ける事であらかた汚れを取る事ができます。

    大きめのボウルや、食器用洗い桶に水を入れ、そこにおろし金を入れて振り洗います。

    時間が経ってしまったものは、熱湯にしばらく漬けておくと汚れが取れやすくなります。

    プラスチック製のものを使う場合は、ニオイや色、アクが残りやすいので、使ったあとはなるべくすぐ水に漬けます。

    STEP2:細かい部分は歯ブラシで

    目が小さい部分はなかなか取れにくかったりします。

    そんな時は使い古した歯ブラシを使い、汚れをかき出すように丁寧にこすります。

    STEP3:ニオイを洗剤で落とす

    水と歯ブラシで汚れがきれいになっても、ニンニクやショウガなどはニオイが残ってしまうことがあります。歯ブラシで食器用洗剤を使ってニオイも取ります。

    もう一工夫

    事前にもう一工夫すると、おろし金がより汚れにくくなります。

    用意するもの

    -おろし金 - アルミホイル ###STEP1:おろし金にアルミホイルをかぶせる

    おろし金のおろす部分にアルミホイルをかぶせ、トゲトゲが出るように手で押し付け、おろす部分とアルミホイルをくっつけます。

    STEP2:アルミホイルの上からおろす

    くっつけたアルミホイルの上からおろします。

    STEP3:アルミホイルを外す

    おろし終えてからアルミホイルを丁寧に外します。必要な部分はほとんどアルミホイルの上に乗っているので、おろし金に汚れが残りません。

    おろし金から別の器に移す事や、おろし汁を絞るのも、アルミホイルのままやってしまえばいいのでラクチンです。

    アルミホイルは軽くゆすぐだけで汚れをほとんど落とすことができます。洗ったあとは自治体の区分方法に従って捨ててください。

    おわりに

    一見面倒臭そうなおろし金の洗い方ですが、わりと簡単に汚れを落とす事ができます。ニンニクやショウガはチューブタイプより、おろしたてのほうが香りがいいものです。おろし金を洗う手間がはぶけた分、どんどん活用したいものですね。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人