1. 暮らし
    2. ボタン付けの方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ボタン付けの方法

    ボタン付けのやり方を紹介します

    ワイシャツやコートなどのボタンが、ぽろっととれたり、糸が飛び出て取れそうな時。忙しいと、ついついそのままにしてしまいがちですよね。しかし、それでは見た目もだらしなく、ボタンも紛失してしまうかも…。

    そこで、さっとボタン付け。糸と針があればいいだけです。面倒なことはありません。さあ、チャレンジしてみてください。

    用意するもの

    • ボタン

    STEP1

    針に糸を通して、糸の先端を玉結びします。

    STEP2

    ボタンをつけたい位置に針を通します。

    STEP3

    ボタン穴に糸を通して布をすくい、再びボタン穴を通します。それを2~3回ほど繰り返します。

    STEP4

    ボタンと布の間を軽くひっぱりながら少し開け、糸を3~4回巻きつけます。間隔は数ミリ程度でOK。ボタンが布から少し浮いた状態になります。

    STEP5

    巻きつけた部分をすくってから、針を裏側へ通します。

    STEP6

    布の裏側で玉結びをして完成。

    おわりに

    いかがでしたか?意外と簡単にボタン付け、できちゃいますね。小学校の家庭科の授業を思い出しませんか?(あのころは玉結びに苦戦しました)

    ボタンをとめる糸の色にもこだわってみましょう。基本はボタンや生地の色に合わせますが、色違いしてみるのもおしゃれ。慣れてしまえば、好みのボタンに付け替えも、お手の物ですね。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人